Close
みんなの洋楽ランキング: We Found Love のサムネイル

8

We Found Love
2012年間チャート EDM パリピ
「ウィー・ファウンド・ラヴ (featuring カルヴィン・ハリス)」は、バルバドスのポップ歌手・リアーナの楽曲。<br>この楽曲は、リアーナの6枚目のスタジオ・アルバム『トーク・ザット・トーク』に収録され、アルバムから1枚目のシングルとして2011年9月22日にリリースされた。各国の週間シングルチャートでは、全米のBillboard Hot 100や全英シングルチャートなど多くの国で1位を獲得した。
動画と解説をみる >
みんなの洋楽ランキング: Payphone のサムネイル

4

Payphone
2012年間チャート
「ペイフォン feat.ウィズ・カリファ」(Payphone (feat.Wiz Khalifa))はアメリカのバンド、マルーン5の楽曲。2012年4月17日に公開、日本では4月18日に配信開始された。<br><br><br>== 解説 ==<br>4thアルバム『オーヴァーエクスポーズド』からの先行シングル。<br>「ムーブス・ライク・ジャガー」で挑戦した外部ソングライターとの共作を継続している。ラッパーのウィズ・カリファをフィーチャーしながらも、サウンドはポップな仕上がりになっている。<br>ヒットチャートでは、バンドにとって初となる全英シングルチャート1位を獲得。Canadian Hot 100でも1位となった。<br>イギリスのオフィシャル・チャート・カンパニー(OCC)が発表した「UKで2012年最も売れたシングル・トップ10」で第7位となり、アメリカでは「2012年に全米で最もラジオで流された曲トップ10」第8位となった。また、国際レコード産業連盟(IFPI)が発表した「2012年の全世界シングル・セールス・ランキング」(Global Singles Best Sellers in 2012)では、第5位になった(「ワン・モア・ナイト」も第8位にランクインしている)。<br>フジテレビ系『おじゃマップ』番組内で使用されている。
動画と解説をみる >
みんなの洋楽ランキング: We Are Young のサムネイル

3

We Are Young
2012年間チャート 歌い方が特徴的
「ウィー・アー・ヤング」(We Are Young)は、2011年9月20日に発売されたファンのシングル。発売元はFueled by Ramen(Warner Music Group)。<br><br><br>== 収録曲 ==<br>We Are Young [4:11]<br>Produced by Jeff Bhasker<br>(作詞・作曲:Nate Ruess, Andrew Dost, Jack Antonoff, Jeff Bhasker / Orchestrated by Jeff Bhasker, Rosie Danvers)<br>客演にJanelle Monáeが参加。
動画と解説をみる >
みんなの洋楽ランキング: Call Me Maybe のサムネイル

2

Call Me Maybe
2012年間チャート ノリノリ パリピ
「コール・ミー・メイビー」 (Call Me Maybe)は、カナダの音楽家カーリー・レイ・ジェプセンが彼女の初のEP『キュリオシティ』(2012年)のために録音した楽曲。<br><br><br>== 概要 ==<br>この楽曲はジェプセンとタビッシュ・クロウによってフォークソングとして制作されたが、ロックバンドマリアナス・トレンチのボーカルジョシュ・ラムゼイの手によってジャンル的にポップへと修飾された。楽曲は、2011年11月20日に604レコードよりEPからのファースト・シングルとしてリリースされた。後にポップ歌手のジャスティン・ビーバーとセレーナ・ゴメスがこの楽曲についてツイートしたことで、ジェプセンは世界規模での注目を浴び、更にスクールボーイ・レコードと契約。アメリカ合衆国でもレーベルより彼女のシングルがリリースされるに至った。音楽性的に、「コール・ミー・メイビー」はダンスポップの影響を受けたアップビートなティーンポップのトラックである。歌詞は、女の子が男性に一目ぼれし、その彼からの電話を心待ちにしているという内容となっている。<br>付随する楽曲のミュージック・ビデオは、ベン・ネクテルが監督を務め、ジェプセンが演じる主人公が近所の男性の注意をひこうとするが、実はその男性はゲイで最終的に男性バンドメンバーに惚れてしまうという悲恋を描いた内容となっている。楽曲はプロモーションのために『エレン・デジェネレス・ショー』や2012年のビルボード・ミュージック・アワード2012にてパフォーマンスされている。「コール・ミー・メイビー」は既に様々なアーティストによってカバーされており、それにはケイティ・ペリーやファン、ビッグ・タイム・ラッシュ、R5、エンター・シカリ、ベン・ホワードらが含まれ、クッキーモンスターによるパロディ化もなされている。
動画と解説をみる >
スポンサーリンク

スポンサーリンク