Close
みんなの洋楽ランキング: Nice For What のサムネイル
Nice For What
サンプリング 年間2位候補 人気記事
* Lauryn Hillの「Ex Factor」をサンプリングし、”Care for me~”というフレーズを連発する「Nice For What」。冒頭からプロデューサーの激励の言葉「マーダのビートに乗るぜ!」やサンプリングした曲について「この曲は俺たちの曲だ」と歌っています。なんとこの曲はドレイクのプロデューサーであるマーダビーツがサンプリングを作ってからドレイクが歌詞を仕上げるまで1時間半で完成したそうです。 さらに、Cardi Bのデビューアルバム『Invasion of Privacy』収録曲「Be Careful」で何気にサンプリングしていたからちょっと驚きです。
動画と解説をみる >
みんなの洋楽ランキング: Lucid Dreams のサムネイル
Lucid Dreams
サンプリング 人気記事
Juice WRLDの「Lucid Dreams」を聞いて「あっ!この曲聴いたことがある!」って思う人が多いのではないでしょうか。この曲はStingの「Shape of My Heart」でちょっと悲しい恋の歌としてサンプリングされています。タイトルの「Lucid Dreams」とは訳すと「明晰夢」という意味で、眠っているときに見た夢が夢であると自覚している様子を指していて、自覚しているので夢をコントロール出来ると言われております。他の男性に行ってしまった恋人を取り戻す様子が歌われております。
動画と解説をみる >
みんなの洋楽ランキング: Don’t Matter To Me のサムネイル
Don’t Matter To Me
サンプリング マイケルジャクソン 賛否両論
マイケル・ジャクソンの死後発表されたアルバム「Xscape(2014)」以来となる未発表音源からのサンプリングである「Don’t Matter To Me」が初登場9位となりました。非常に暗い曲でドラックかアルコールに溺れてしまったガールフレンドに掛け合っているかしとなります。マイケル・ジャクソンの死後に発売された曲を使ったことで、賛美がわかれています。「このドレイクの曲には本当に腹が立つわ。マイケルがリリースしなかったのなら、ドレイクがすべきではないわ」など批判も受けてるようです。
動画と解説をみる >
スポンサーリンク

スポンサーリンク