この記事は 243 人が閲覧しています。

Payphone

最高位 : 2 位 滞在週 : 18 週
Youtubeの再生回数
解説

「ペイフォン feat.ウィズ・カリファ」(Payphone (feat.Wiz Khalifa))はアメリカのバンド、マルーン5の楽曲。2012年4月17日に公開、日本では4月18日に配信開始された。


== 解説 ==
4thアルバム『オーヴァーエクスポーズド』からの先行シングル。
「ムーブス・ライク・ジャガー」で挑戦した外部ソングライターとの共作を継続している。ラッパーのウィズ・カリファをフィーチャーしながらも、サウンドはポップな仕上がりになっている。
ヒットチャートでは、バンドにとって初となる全英シングルチャート1位を獲得。Canadian Hot 100でも1位となった。
イギリスのオフィシャル・チャート・カンパニー(OCC)が発表した「UKで2012年最も売れたシングル・トップ10」で第7位となり、アメリカでは「2012年に全米で最もラジオで流された曲トップ10」第8位となった。また、国際レコード産業連盟(IFPI)が発表した「2012年の全世界シングル・セールス・ランキング」(Global Singles Best Sellers in 2012)では、第5位になった(「ワン・モア・ナイト」も第8位にランクインしている)。
フジテレビ系『おじゃマップ』番組内で使用されている。

Maroon 5(マルーンファイヴ) はどんなアーティスト?

マルーン5(英: Maroon 5、マルーンファイヴ)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスで結成されたバンド。全世界トータルセールスは1億1000万枚を記録している「世界で最も売れたアーティスト集団」の一つ。トップ40チャートの歴史の中で唯一、グループで一位のシングル(9枚)の記録を打ち立てており、また、ウォール・ストリート・ジャーナルの複数の統計から算出した「史上最も人気のある100のロックバンド」にて14位。これまでに3つのグラミー賞を受賞している。== 概要 ==1994年から4人組バンド「カーラズ・フラワーズ」(Kara's Flowers)として活動していたが、5人編成になった2001年からバンド名を「マルーン5」(Maroon5)と改名して活動開始。2002年(日本盤は2003年)リリースの、1stアルバム『ソングス・アバウト・ジェーン』(Songs About Jane)はロング・セラーとなり、『第47回グラミー賞』最優秀新人賞など数々の賞を受賞し、一躍有名になった。2012年から2017年時点にかけてさらに2人がメンバーとして加入し、7人編成となっている。2014年にイギリスでダウンロード専用チャート発足10年を記念して発表された「この10年で最もダウンロードされたシングル・トップ100」では、2011年にクリスティーナ・アギレラをフィーチャーしてリリースした「ムーブス・ライク・ジャガー」(Moves Like Jagger feat. Christina Aguilera)が第3位にランクインされている。== メンバー ==== バンド名 ==「マルーン5」というバンド名の由来はトップ・シークレットであり、メンバーは決して口外しない。

詳しくはこちらから
Payphone の口コミ

スポンサーリンク

Maroon 5(マルーンファイヴ) の人気曲!
Maroon 5(マルーンファイヴ) とコラボしたアーティスト!
Wikipedia の項目を Creative Commons Attribution CC-BY-SA 4.0 に基づき二次利用しています。

スポンサーリンク