この記事は 1 人が閲覧しています。

Black Or White

Youtubeの再生回数
解説

「ブラック・オア・ホワイト」(Black or White)は、1991年10月にリリースされたマイケル・ジャクソンのシングル。
アルバム『デンジャラス』からの先行シングル。作詞・作曲はマイケル・ジャクソン自身で、ラップ歌詞とギターはビル・ボトレルによる。イントロのギター・パートは、ガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュによるもの。15か国以上のチャートで1位を獲得。日本では、当時マイケルも出演していたソニーのワイドテレビ「KIRARA BASSO」のCMソングとして起用された。日本のオリコン洋楽シングルチャートでは1992年1月20日付から4週連続1位を獲得した。
ショートフィルムの監督はジョン・ランディス、共演にはマコーレー・カルキン。クロマキー合成や光学合成を多用した、スムーズな映像の差し替えや、映像のモーフィングを積極的に取り入れた。当時はまだ自動でモーフィングさせる技術がなく、編集作業はMacintoshを駆使して、1コマずつ手で映像を修正している。

Black Or White の口コミ

スポンサーリンク

Michael Jackson(マイケル・ジャクソン) の人気曲!
Michael Jackson(マイケル・ジャクソン) とコラボしたアーティスト!
Wikipedia の項目を Creative Commons Attribution CC-BY-SA 4.0 に基づき二次利用しています。

スポンサーリンク