この記事は 1 人が閲覧しています。

Beat It

Youtubeの再生回数
解説

「今夜はビート・イット」(原題:Beat It)は、マイケル・ジャクソンの楽曲、及びアルバム『Thriller』から3作目のリカット・シングル。


== 概要 ==
ハードロックとR&Bの融合が特徴的で、エディ・ヴァン・ヘイレン、スティーヴ・ルカサー、ポール・ジャクソン・ジュニアのギタリスト3人が参加しており、エディはギター・ソロも担当している。エディは、ビクトリーツアーの一公演に飛び入りで参加し、ソロ・パートを弾いている(その時の写真や動画が少なからず存在する)。ミュージック・ビデオは、ウエスト・サイド物語をモチーフとしている。
2008年2月に発売された『Thriller 25』には、この曲をリミックスしてファーギーのボーカルをフィーチャーしたものが収録されている。


== 反響 ==
アメリカのビルボード誌では、1983年4月30日に週間ランキング第1位を獲得。ビルボード誌1983年年間ランキングは第5位。
『ローリング・ストーン』誌が選んだ「オールタイム・グレイテスト・ソング500」と「オールタイム・グレイテスト・ギター・ソングス100」に於いて、それぞれ344位と81位にランクイン。


== パロディ ==
この曲は人気の高さから、パロディの題材に使われることも多い。以下はいくらかの事例である。

Beat It の口コミ

スポンサーリンク

Michael Jackson(マイケル・ジャクソン) の人気曲!
Michael Jackson(マイケル・ジャクソン) とコラボしたアーティスト!
Wikipedia の項目を Creative Commons Attribution CC-BY-SA 4.0 に基づき二次利用しています。

スポンサーリンク