この記事は 人が閲覧しています。

Beat It

Youtubeの再生回数
解説

「今夜はビート・イット」(原題:Beat It)は、マイケル・ジャクソンの楽曲、及びアルバム『Thriller』から3作目のカット・シングル。


== 概要 ==
ハードロックとR&Bの融合が特徴的で、エディ・ヴァン・ヘイレン、スティーヴ・ルカサー、ポール・ジャクソン・ジュニアのギタリスト3人が参加しており、エディはギター・ソロも担当している。エディは、ビクトリーツアーの一公演に飛び入りで参加し、ソロ・パートを弾いている(その時の写真や動画が少なからず存在する)。ミュージック・ビデオは、ウエスト・サイド物語をモチーフとしている。
2008年2月に発売された『Thriller 25』には、この曲をリミックスしてファーギーのボーカルをフィーチャーしたものが収録されている。また、PVには本物のギャングが参加している。


== エドワード・ヴァン・ヘイレンのギターソロ ==
ハードロックバンド ヴァン・ヘイレンのリードギタリストであるエドワード・ヴァン・ヘイレンはギター・ソロを追加して欲しいと依頼された。最初にクインシー・ジョーンズから連絡を受けたとき、いたずら電話かと思ったがその電話が本物であることを確認した彼は、ギタリストのアラン・ホールズワースから借りたハートリー・トンプソンのアンプを使用し、ギター・ソロを録音した。
クインシー・ジョーンズとマイケル・ジャクソンがこの曲の「スケルトン・バージョン」をエディの家に持参しギター・ソロは録音された。
ギタリストのスティーヴ・ルカサーは「最初、エディが良いソロを弾いてとてもロックだったんだがクインシーが強すぎるというんだ。

Michael Jackson(マイケル・ジャクソン) はどんなアーティスト?

マイケル・ジョセフ・ジャクソン(Michael Joseph Jackson、1958年8月29日 - 2009年6月25日)は、アメリカ合衆国出身のシンガーソングライター、ダンサー。一般的に「キング・オブ・ポップ」と称されている。20世紀以降のポピュラー音楽に多大なる影響を与えた人物の一人である。全世界で3億枚から3億5,000万枚の音楽作品を売り上げており、ビートルズやエルヴィス・プレスリーに次いで史上最も売れた音楽家として名を連ねている。また、これまでに13のグラミー賞(ノミネートは38回) を含む750以上の賞を受賞。ギネス世界記録から「人類史上最も成功したエンターテイナー」として認定されている== 略歴 ==1958年8月29日、アメリカ合衆国インディアナ州ゲーリーの貧しいアフリカ系家庭に生まれ、幼い頃から兄弟たちとともに音楽の才能を発揮。1970年代に兄弟グループ「ジャクソン5」の天才リードシンガーとして一世を風靡した。ソロ活動を中心に据えた1980年代、クインシー・ジョーンズをプロデューサーに迎えた三部作『オフ・ザ・ウォール』『スリラー』『バッド』で前人未到の成功を手にし、名実ともにポピュラー音楽界の頂点に立つ。1990年代以降も『デンジャラス』『ヒストリー』といった大ヒット作を生み出し続けたが、一方で私生活や容姿に関するゴシップや数々のスキャンダルがメディアに取り沙汰されるようになり、心労による鎮痛剤や睡眠薬への依存に悩んだ。2009年、大々的なカムバックとなるはずだったツアー「THIS IS IT」の実施を発表するも、公演開始1ヶ月前の6月25日、急性プロポフォール中毒により死去した。

詳しくはこちらから
解説を書いた人
  1. 毎週にビルボード洋楽ランキングを更新しています。みんなの洋楽ランキングは本家ビルボードからどこよりも早く情報を仕入れ、どのサイトよりも早く情報を発信しております。洋楽に詳しくなりたい人や詳しい人も是非、遊びに来て下さい!
    みんなの洋楽ランキング
Beat It の口コミ

スポンサーリンク

Michael Jackson(マイケル・ジャクソン) の人気曲!
Michael Jackson(マイケル・ジャクソン) とコラボしたアーティスト!
Wikipedia の項目を Creative Commons Attribution CC-BY-SA 4.0 に基づき二次利用しています。

スポンサーリンク