この記事は 1 人が閲覧しています。

They Don’t Care About Us

Youtubeの再生回数
解説

「ゼイ・ドント・ケア・アバウト・アス」(They Don't Care About Us)は、マイケル・ジャクソンが1996年4月に発表したシングル。1995年のアルバム『ヒストリー パスト、プレズント・アンド・フューチャー ブック1』からのシングル・カットである。作詞・作曲はマイケル・ジャクソン自身による。


== 解説 ==
本作は1991年発売の『デンジャラス』以来4年振りにスラッシュとタッグを組んだ作品であり、歌詞とミュージック・ビデオの両方で論争を起こした作品として知られる。人種差別・環境破壊・紛争、あるいは暴力・中傷・抑圧・犯罪など人間の負の面を直接的に批判し、怒りに近い感情に満ちた強いメッセージを持った作品である。
歌詞は、一部(「jew me」および「kike me」)が、マイケルによる「僕を騙す」という本来の意味ではなく、「私をユダヤ人にする」という意味にも取られるとして、「人権的偏見を煽る歌詞がある」、「反ユダヤ曲である」と批判された。問題部分だとし抗議していた反ユダヤ活動監視団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」は、『“kike”はユダヤ人に対する侮蔑的言葉の俗語。“jew”はユダヤ人を指す言葉で、それ自体は侮蔑的な意味を持たないが、“kike”と並列して使うと否定的意味合いを帯びる結果を招いてしまう』との見解を示した。ジャクソンは直ちに、自分は反ユダヤ主義者ではないとした上で、この曲でリスナーに不快感を与えたことを謝罪した。シングル・バージョンでは、歌詞の問題となった当該個所にノイズを施す処置が行われた。

They Don’t Care About Us の口コミ

スポンサーリンク

Michael Jackson(マイケル・ジャクソン) の人気曲!
Michael Jackson(マイケル・ジャクソン) とコラボしたアーティスト!
Wikipedia の項目を Creative Commons Attribution CC-BY-SA 4.0 に基づき二次利用しています。

スポンサーリンク