この記事は 人が閲覧しています。

Shake It Off

Youtubeの再生回数
解説

「シェイク・イット・オフ」(Shake It Off)は、アメリカ合衆国の歌手マライア・キャリーの10作目のスタジオ・アルバム『MIMI』(2005年)のためにマライア、ジャーメイン・デュプリ、ブライアン・マイケル・コックス、ジョンテイ・オースティンらによって製作された楽曲。コ・プロデュースをマライア、ジャーメイン、コックスが担当。アルバムからのサード・シングルとして、2005年にリリースされた。
この楽曲は、ヨーロッパ諸国ではヨーロッパのファンのために製作されたとされる楽曲「ゲット・ユア・ナンバー」との両A面シングルとしてリリースされている。
この楽曲はアメリカ合衆国で大ヒットしたものの、前シングルにあたる自身の楽曲「ウィ・ビロング・トゥゲザー」が爆発的な大ヒットしていたことと、カニエ・ウェストの「ゴールド・ディガー」が「ウィ・ビロング・トゥゲザー」の失速後というタイミングでヒットしたことから、米総合シングルチャートBillboard Hot 100ではこの2曲に1位を阻まれ、最高位は6週連続で2位に甘んじている。

Mariah Carey(マライア・キャリー) はどんなアーティスト?

マライア・キャリー(英: Mariah Carey [məˈraɪə ˈkɛəri], 1970年3月27日 - )は、アメリカ合衆国の歌手、シンガーソングライター、音楽プロデューサー、女優としても活躍している。音楽はブラックミュージックを基盤としている。== 概要 ==Billboard Hot 100における首位獲得週最多記録保持者である。2020年12月15日に「恋人たちのクリスマス」(All I Want for Christmas Is You)が全米1位を獲得し、首位獲得週を83週に更新した。また、2020年に1位を獲得したことで、4つの年代(1990年代、2000年代、2010年代、2020年代)にわたり1位を獲得した史上初のアーティストとなった。19曲の全米No.1シングル(Billboard Hot 100)はビートルズに次いで歴代2位で、ソロ歌手としては歴代1位である。全米TOP10シングル獲得数は28曲で歴代6位。また、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」においては第79位にランクインしている。2000年にはWorld Music Awardsにてこれまでに最も多くのレコードを売った女性アーティストとして表彰された。これまでWorld Music Awardsにてアーティスト最多の17回受賞している。

詳しくはこちらから
Shake It Off の口コミ

スポンサーリンク

Mariah Carey(マライア・キャリー) の人気曲!
Mariah Carey(マライア・キャリー) とコラボしたアーティスト!
Wikipedia の項目を Creative Commons Attribution CC-BY-SA 4.0 に基づき二次利用しています。

スポンサーリンク