この記事は 1 人が閲覧しています。

One Sweet Day

Youtubeの再生回数
解説

「ワン・スウィート・デイ」(One Sweet Day)は、 マライア・キャリーとボーイズIIメンの4人によって録音され、またマライア、ウォルター・アファナシエフ、ウォンヤ・モリス、ネイザン・モリス、ショーン・ストックマン、マイケル・マッケリーによって製作された楽曲。この楽曲はマライアの6作目のスタジオ・アルバム『デイドリーム』のためにマライアとウォルターによってプロデュースされ、アルバムからのセカンド・シングルとして1995年にリリースされた。
この楽曲は、アメリカ合衆国のチャート組織ビルボードの総合シングルチャートBillboard Hot 100にて初登場1位、更に16週連続で1位を記録し、ロングランヒットとなった。このHot 100 16週連続1位はビルボード史上歴代最長タイ記録となっている。
マライアとボーイズIIメンのアメリカ合衆国における互いの音楽キャリアの中でも、ビッグ・ヒットいわゆる代表曲として数えられる楽曲のひとつとなった。 また90年代の音楽界を代表する曲であり、米ビルボードが発表した90年代(90年から99年)に最もヒットした楽曲の1位に選ばれている。
ビルボードの発表した「Billboard's Greatest Songs of all time」では、この楽曲は29位に選ばれている。


== レコーディングと背景 ==
「ワン・スウィート・デイ」は、1991年に亡くなったプロデューサー兼C+Cミュージック・ファクトリーのメンバーデヴィッド・コール並びにマライアのお気に入りのギタリストであるデフ・レパードのギタリスト、スティーヴ・クラークの二人の故人にインスパイアされている。また、ブレーンストーミングをしている際、ボーイズIIメンがライヴ・ツアーの最中に殺害され亡くなった彼らのマネージャーに当てた追悼のための楽曲を製作していることを知ったマライアは彼らに共同で楽曲製作をすることを持ちかけた。その提案をボーイズIIメンが承諾したことにより、こうして製作段階の2つの楽曲が合わさり、「ワン・スウィート・デイ」が生まれた。

One Sweet Day の口コミ

スポンサーリンク

Mariah Carey(マライア・キャリー) の人気曲!
Mariah Carey(マライア・キャリー) とコラボしたアーティスト!
Wikipedia の項目を Creative Commons Attribution CC-BY-SA 4.0 に基づき二次利用しています。

スポンサーリンク