この記事は 1 人が閲覧しています。

SAME LOVE

Youtubeの再生回数
解説

ヒップホップソングでは同性愛者やゲイの人を侮辱したり軽蔑したりするような歌詞が多く見られる。Eminemの「Rap God」や「Fall」はいい例だ。だがこの曲では同性愛を尊重している。「Can’t Hold Us」や「Thrift Shop」ではかなり楽しい感じを出していたが、この曲では切なくどこか重い感じがある。Macklemoreは2つ目のヴァースでは「もし俺がゲイだったらヒップホップ業界は俺のことを憎むだろうな。YouTubeのコメント欄には、知ってる?こいつゲイなんだぜ?なんてことが書かれてるんだ」と、今でも続く同性愛者への侮辱やヒップホップの現状についても言及している。実はこの曲が書かれた1ヶ月後にオバマ元大統領が同性愛を支持し、同年の12月にはワシントン州で同性婚が認められた。この時から同性愛の対する見方が変わってきていて、そして遂に2015年にアメリカの全ての州で同性婚が認められた。Macklemoreのこういった行動が認められた結果なのかもしれない。ちなみにこの曲のサビではMary Lambertの「She Keeps Me Warm」が使われている。

SAME LOVE の口コミ

スポンサーリンク

Macklemore & Ryan Lewis の人気曲!
Macklemore & Ryan Lewis とコラボしたアーティスト!

スポンサーリンク

大切な記念日に贈るおすすめのフォトブック
日頃の感謝の気持ちをフォトブックにして贈りましょう。