この記事は 96 人が閲覧しています。

GUMMO

Youtubeの再生回数
解説

6ix9ineの名が世界に知れ渡るキッカケとなった曲。この曲は1997年に公開された映画「Gummo」からインスピレーションを受けて作られたものである。実はこの曲のビートはPi’erre BourneがTrippie Reddの為に作ったものなのだが、貰った張本人であるTrippie Reddが6ix9ineに無断でこのビートを渡したんだそう。当たり前だがそれを知ったPi’erre Bourneは激怒。もう彼らには楽曲提供をしないと話している。でもこの力のこもったラップは彼独自のもので、恐らく他のアーティストは真似できないものだと思われる。しかし、こんなキャリア初っ端から弾けてしまっていいのだろうか。とてもカラフルに染めた髪、未成年との淫らな行為等、話題を呼ぶには十分な事をしているが...。と思っていたが、やはりこうなってしまったか。全ての罪を認めたので減刑されるとの情報が出てきているが、果たしてどうなるのだろうか...。ちなみにこの曲のMVの撮影中にガチのパトカーがやってきたのだが、6ix9ineは「このまま撮影を続けようぜ!」と言ったらしく、警察が現れても面白がって撮影を止めなかったという。流石としか言いようがない。

6ix9ine はどんなアーティスト?

6ix9ine(シックスナイン、本名:ダニエル・ヘルナンデス、英: Daniel Hernandez、1996年5月8日 - )はアメリカ合衆国のラッパーである。2017年11月10日にリリースしたデビューシングル、『ガンモ』がヒットしたことによって有名になった。== 来歴 ==アメリカ合衆国ニューヨーク、ブルックリンのブッシュウィック地区で誕生、母親はメキシコ系アメリカ人、父親はプエルトリコ系アメリカ人であった。8年生(訳注:日本における中学2年生)のときに学校を退学となり、そのまま復学しなかった。2009年に父親が殺害され、ヘルナンデスは家計を支えるため大麻の密売を含む様々な仕事をしなければならなかった。ヘルナンデスは2014年にはじめてラップの音源をリリースした。この3年間のうちにヘルナンデスは6ix9ineの名義で『Scumlife』、『Yokai』、『Hellsing Station』をはじめとする複数のトラックとミュージックビデオをリリースしており、攻撃的なラップスタイルとMV中に使用されたアニメ風のビジュアルによって注目を浴びた。彼の初期の楽曲の多くはスロバキアに拠点を置くレーベルであるFCK THEMよりリリースされたものである。2017年4月、6ix9ineはトリッピー・レッドの楽曲である『POLES1469』にフィーチャリングした。YouTubeに投稿されたこの楽曲のMVは、6ix9ineが参加した楽曲としてははじめて高い視聴回数を記録した。

詳しくはこちらから
GUMMO の口コミ

スポンサーリンク

6ix9ine の人気曲!
6ix9ine とコラボしたアーティスト!

スポンサーリンク