この記事は 125 人が閲覧しています。

Too Good At Goodbyes

Youtubeの再生回数
解説

「Thrill of It All」から。サムスミスはこの曲についてこう語っています。「この曲は過去の僕の恋人との関係についての曲で、基本的に恋人にすてられるのに慣れてしまったって曲なんだ。それで僕はまだシングル(恋人がいない)で、「In the Lonely Hour」をリリースした時よりいっそうそう感じるよ。聴く人はこの曲は、僕が言った通り僕の経験した何かだって見てくれるだろうね。」

Sam Smith(サム・スミス) はどんなアーティスト?

サム・スミス(Sam Smith、1992年5月19日 - )は、イギリスのシンガーソングライターである。== 来歴 ===== 生い立ち ===ロンドン生まれ。仲立人職のケイト・キャシディとフレデリック・スミスの息子として生まれる。ロンドンの芸能学校であるナショナル・ユース・ミュージック・シアターに2007年に入学し、ジャズバンドに参加しながら、ジャズボーカリストでありピアニストのジョアンナ・エデンに歌と作曲の技法を学ぶ。=== 音楽活動 ===2012年10月8日に発売されたディスクロージャーのシングル『Latch』にゲストボーカルとして参加し、全英11位を記録し名を挙げることになった。また、2013年5月19日に発売されたノーティー・ボーイのシングル『La La La』に参加し、同曲は全英1位のヒットとなった。同年12月、イギリスレコード協会主催のブリット・アワードで批評家賞を受賞。2014年1月には、BBCによる批評家や音楽関係者の投票で有望な新人アーティストを選出する恒例企画『BBC Sound of 2014』において、1位に選出された。同年5月には名門キャピトル・レコードより、デビュー・アルバム『In the Lonely Hour』をリリース。アルバムからグラミー賞の6つの部門にノミネート(2014年12月)され、 2015年2月8日ロサンゼルスで開催された第57回グラミー賞授賞式では最多の4部門: Best New Artist(最優秀新人賞)、 Stay with Me に対して Record of the Year(年間最優秀レコード賞), Song of the Year(年間最優秀楽曲賞)。

詳しくはこちらから
解説を書いた人
  1. 毎週にビルボード洋楽ランキングを更新しています。みんなの洋楽ランキングは本家ビルボードからどこよりも早く情報を仕入れ、どのサイトよりも早く情報を発信しております。洋楽に詳しくなりたい人や詳しい人も是非、遊びに来て下さい!
    みんなの洋楽ランキング
Too Good At Goodbyes の口コミ

スポンサーリンク

Sam Smith(サム・スミス) の人気曲!
Sam Smith(サム・スミス) とコラボしたアーティスト!

スポンサーリンク