この記事は 240 人が閲覧しています。

Don’t Matter To Me

Youtubeの再生回数
解説

マイケル・ジャクソンの死後発表されたアルバム「Xscape(2014)」以来となる未発表音源からのサンプリングである「Don’t Matter To Me」が初登場9位となりました。非常に暗い曲でドラックかアルコールに溺れてしまったガールフレンドに掛け合っているかしとなります。マイケル・ジャクソンの死後に発売された曲を使ったことで、賛美がわかれています。「このドレイクの曲には本当に腹が立つわ。マイケルがリリースしなかったのなら、ドレイクがすべきではないわ」など批判も受けてるようです。

Drake(ドレイク) はどんなアーティスト?

ドレイク(Drake、1986年10月24日 - )は、カナダ出身のラッパー、俳優。 本名は、オーブリー・ドレイク・グレアム (Aubrey Drake Graham) 。カナダの学園テレビドラマ『Degrassi: The Next Generation』に第1シーズンから第7シーズンまでレギュラー出演したことで知名度を獲得した。デビューアルバムから8作連続全米1位を記録するなど、名実ともに北米の音楽シーンを代表するアーティストの1人。== 略歴 ==2006年2月、自身初のミックステープ『ルーム・フォー・インプルーブメント』を自主製作で発表し、6000枚以上の売り上げを記録。2007年には2枚目となるミックステープ『カムバック・シーズン』をリリース。2009年に3枚目のミックステープ『So Far Gone(ソー・ファー・ゴーン)』を自身のブログ上で無料のダウンロード形式でリリース。発表から2時間で2000ダウンロード以上を記録した。同年『ソー・ファー・ゴーン(ミックステープ)』収録の5曲に加え、新曲を2トラック追加収録した『ソー・ファー・ゴーン』をリリース。このEPは、初週に73000枚を売り上げ、全米ビルボード200にて初登場7位を記録した。

詳しくはこちらから
解説を書いた人
  1. 毎週にビルボード洋楽ランキングを更新しています。みんなの洋楽ランキングは本家ビルボードからどこよりも早く情報を仕入れ、どのサイトよりも早く情報を発信しております。洋楽に詳しくなりたい人や詳しい人も是非、遊びに来て下さい!
    みんなの洋楽ランキング
Don’t Matter To Me の口コミ

スポンサーリンク

Drake(ドレイク) の人気曲!
Drake(ドレイク) とコラボしたアーティスト!

スポンサーリンク