この記事は 308 人が閲覧しています。

Beauty And A Beat

最高位 : 5 位 滞在週 : 10 週
Youtubeの再生回数
解説

プロデューサーにMax MartinとZeddを迎え、Nicki Minajをフィーチャーしたこの曲はBillboardのシングルチャートで5位、年間シングルチャートでは42位を記録するほど大ヒットした。ん?プロデューサーにZeddがいる...?実はこの曲、Zeddのアルバム「Clarity」のためにZedd本人が作った曲なんだという。だがClarityのコンセプトに沿わなかったという理由で収録を断念。そしてMax MartinとSavan KotechaとNicki Minajと一緒に、Justin Bieberに提供するために編曲したんだという。この曲は「パーテイーで思いっきり弾けちゃおうぜ!」という感じでとてもノリノリで楽しいものに仕上がっている。この曲のリリース後、Justin Bieberは「僕はこの曲に女性ラッパーが欲しくて、それでNicki Minajがピッタリだと思ったんだ。僕はNickiとこの曲はかなりマッチしてると思うよ」と語った。当時のNicki Minajの曲にはダンス系のビートが多く、僕もピッタリだと思うからJustin Bieberに賛成だ。でも、今のNicki MinajがEDMのビートに乗せてラップをする光景は...浮かばないな、うん。

Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー) はどんなアーティスト?

ジャスティン・ドリュー・ビーバー(英語: Justin Drew Bieber、1994年3月1日 - )は、カナダのポップミュージシャン、俳優、シンガーソングライターである。YouTubeにおいて歌手活動を展開していたが、その活躍を(後にマネージャーとなる)スクーター・ブラウンに見出される。ブラウンはアトランタでR&B歌手アッシャーとの面会を仲立ちした。彼はその面談の後すぐにRBMG、アントニオL.A.リードがCEOを務めるアイランド・レコードとの契約を取り付けた。2009年11月、7曲が収録されたデビューEP『My World』がリリースされ、アメリカでプラチナディスクに認定された。Billboard Hot 100においてデビューアルバムの7曲がチャートインしたのは、ジャスティン・ビーバーが初めてである。2010年3月、スタジオ・アルバム『My World 2.0』がリリースされる。このアルバムは複数の国で初登場首位を獲得し、アメリカレコード協会ではプラチナディスクに認定された。デビューアルバムのリリースに引き続き、初めてのツアーであるMy World Tourを敢行した。また、リミックス・アルバム『My Worlds Acoustic』や『Never Say Never』をリリースし、自身の伝記映画となる「ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー」が公開された。

詳しくはこちらから
解説を書いた人
  1. なるべくマニアックな曲を紹介できるよう頑張っています。記事だけでなく、曲も楽しんでくださいね。
    やなぎぃ
Beauty And A Beat の口コミ

スポンサーリンク

Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー) の人気曲!
Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー) とコラボしたアーティスト!

スポンサーリンク