この記事は 21 人が閲覧しています。

Talking To Myself

Youtubeの再生回数
解説

Linkin Parkのアルバム「One More Light」からの一曲。ボーカルのChester Benningtonは過去に薬物やアルコールの依存症になっていてそれに長い間悩まされていた。そして幼少期に虐待も受けていて、自ら命を断つことも考えていたと生前に告白している。この曲はそんな状態に陥っている愛する人へ宛てた曲になっていて、実はChesterの妻の視点から描かれた曲なのではないかという噂もある。Linkin Parkらしい激しいロックな感じが味わえる曲となっているので、良かったら聴いてみてはどうだろうか。ちなみにこの曲のMVはChesterがこの世を去る直前に公開されたという。

Talking To Myself の口コミ

スポンサーリンク

Linkin Park(リンキン・パーク) の人気曲!

スポンサーリンク