この記事は 60 人が閲覧しています。

In The End

Youtubeの再生回数
解説

「Linkin Parkといえば?」ときかれて、この曲を連想する人は多いのではないか。Linkin Parkの過去最大のヒット作といってもおかしくないぐらいの名曲だ。曲の内容は「ここまで来るのにとても苦労した。失ったものもたくさんある。でも今となってはもうどうでもいいんだ」というものになっていて、これは沢山のことに当てはめることができるかもしれない。会社で出世したり、恋愛関係だったり、資格勉強だったり...。結局のところ結果が全てなんだ、という曲として捉えることができる、そんな曲となっている。Chester BenningtonとMike Shinodaのダブルボーカルがとてつもなく綺麗に響く、洋楽の歴史に残る名曲をどうぞ。

In The End の口コミ

スポンサーリンク

Linkin Park(リンキン・パーク) の人気曲!

スポンサーリンク