この記事は 134 人が閲覧しています。

In The End

Youtubeの再生回数
解説

「Linkin Parkといえば?」ときかれて、この曲を連想する人は多いのではないか。Linkin Parkの過去最大のヒット作といってもおかしくないぐらいの名曲だ。曲の内容は「ここまで来るのにとても苦労した。失ったものもたくさんある。でも今となってはもうどうでもいいんだ」というものになっていて、これは沢山のことに当てはめることができるかもしれない。会社で出世したり、恋愛関係だったり、資格勉強だったり...。結局のところ結果が全てなんだ、という曲として捉えることができる、そんな曲となっている。Chester BenningtonとMike Shinodaのダブルボーカルがとてつもなく綺麗に響く、洋楽の歴史に残る名曲をどうぞ。

Linkin Park(リンキン・パーク) はどんなアーティスト?

リンキン・パーク(英語: Linkin Park)は、アメリカ合衆国のロックバンド。1996年に結成された音楽バンドSuper Xeroを前身としている。21世紀で最も売れたとされた音楽バンドで、全世界累計セールスは1億枚以上を記録している。グラミー賞を2回受賞、ノミネート6回。ウォール・ストリート・ジャーナル『史上最も人気のある100のロックバンド』12位。== 来歴 ===== バンドの結成 ===マイク・シノダとブラッド・デルソンは、ロサンゼルスのアゴーラ・ヒルズ(Agoura Hills)にある中学、高校からの親友であった。鑑賞したパブリック・エナミーとアンスラックスのコンサートに衝撃を受け、バンドの結成を決意した2人は、1996年のアゴーラ高校(Agoura High School)卒業時に友人だったロブ・ボードンを誘い、バンドSuper Xeroを結成する(ブラッドとロブは、かつて「Relative Degree」というバンドで共に活動していた)。その後、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)でブラッドがアパートをシェアしていたルームメイトのフェニックスと、マイクがパサデナ(Pasadena)のアートセンター・カレッジ・オブ・デザインで知り合ったジョー・ハーン(イラストの勉強をしていた)が加入した。2人の加入後、バンド名は短縮されXeroとなる。5人組となった彼らは、さらにマーク・ウェイクフィールドを加え、初のデモテープを自主制作した。

詳しくはこちらから
解説を書いた人
  1. なるべくマニアックな曲を紹介できるよう頑張っています。記事だけでなく、曲も楽しんでくださいね。
    やなぎぃ
In The End の口コミ

スポンサーリンク

Linkin Park(リンキン・パーク) の人気曲!

スポンサーリンク