この記事は 51 人が閲覧しています。

Holding On To You

Youtubeの再生回数
解説

何年も思ってるのだが、twenty one pilotsのボーカルのTyler Josephはラッパーで間違いないよな?アルバム「Vessel」はヒップホップの類に入るほどの早口ラップを炸裂させているのにも関わらず、アルバム「Blurryface」に収録されている「Heavydirtysoul」では「これはラップでもヒップホップでもねぇ」とライムしているからもう何が何だか分からなくなってきた。そんな「Vessel」からの一曲。この曲は元々アルバム「Regional At Best」に収録されていたもので、そのリマスターバージョンである。ラップとロック、そしてバレエを連想させられるピアノ、これらが上手く融合された曲に仕上がっていて、一瞬Queenを匂わせるような曲の構成ではあるが、この曲がなかったら今の彼らは存在しなかったのかもしれない。新たな音楽の可能性に満ちたtwenty one pilotsの「隠れた名曲」を心ゆくまでご堪能あれ。

Twenty One Pilots(トゥエンティ・ワン・パイロッツ) はどんなアーティスト?

トゥエンティ・ワン・パイロッツ(Twenty One Pilots、TWENTY ØNE PILØTS、時々TØPと略される。元々は「Twenty|one|pilots」と表記していた。)は、アメリカ合衆国オハイオ州にて結成された2人組ロックバンドである。バンドは、2009年にリードボーカルのタイラー・ジョゼフと元メンバーのニック・トーマス、クリス・サリフによって結成され、現在はタイラー・ジョゼフとジョシュ・ダンによって構成されている。バンドは、数年のツアーと独立した作品発表を経て、2010年半ばに名声を得た。2009年に自費出版アルバム「トゥエンティ・ワン・パイロッツ」、2011年に「リージョナル・アット・ベスト」を発表。2012年にフュエルド・バイ・ラーメンと契約を結んだ。2013年、彼らのレーベルデビュー作「ヴェッセル」を発表。2015年、4枚目のアルバム「ブラーリーフェイス」で飛躍的な成功を収め、「ストレスド・アウト」「ライド」という2つのヒット曲を生み出した。更に、映画「スーサイド・スクワッド」のサウンドトラック用に録音されたシングル「ヒーサンズ」は、アメリカで最高2位を記録。

詳しくはこちらから
Holding On To You の口コミ

スポンサーリンク

Twenty One Pilots(トゥエンティ・ワン・パイロッツ) の人気曲!

スポンサーリンク