この記事は 81 人が閲覧しています。

Walk On Water

Youtubeの再生回数
解説

僕は最初これを聴いた時、Eminemにしては珍しいビートだな、と思った。デビューしたてのEminemだったら、彼自身が作り上げたオルター・エゴである「Slim Shady」の生意気な性格に適さないという理由でこの殆どピアノで作られたビートをおそらく好まないだろう。本題に入る。Eminemは、彼の近作に対する世間の批判が的を射ていることを重々理解していて、そのことに対して曲中で歌っている。その中でも「過去に俺のアルバムが生んだ記録、今じゃそれは呪いだ」は、Eminemの過去の大ヒット作「The Marshall Mathers LP」について言及していて、「いつも期待通りのものができたと思う。それで、こんなのゴミだ!って自分で酷評し始めるまで車で聴き直すんだよ」と自身を欲求不満にさせるキッカケを作ってしまったことにストレスを覚えていることを感じ取ることができる曲となっている。ちなみに、Eminemの人間宣言とも称された「Revival」はBeyoncéやEd Sheeranといった豪華ゲストを迎えたアルバムなのだが、Eminemが弱みを見せてしまったが為に批評家の餌食となってしまい、挙げ句の果てには駄作と称されてしまった。僕は悪くないと思うのだが、Eminemのキャリアの中でここまで「売れなかった」アルバムは何年振りだろうか...。とにかく、この曲はEminemの従来の曲とは一味違うので、彼の違う一面を知ることができるチャンスかもしれない。

Walk On Water の口コミ

スポンサーリンク

Eminem(エミネム) の人気曲!
Eminem(エミネム) とコラボしたアーティスト!

スポンサーリンク