この記事は 988 人が閲覧しています。

Worth It

Youtubeの再生回数
解説

フィフスハーモニーの「Worth It」は世界中の女性ファンを虜にした男性への挑発曲です。Youtube再生回数も15億回を記録(2018年6月現在)し、2015年の年間洋楽ランキングでは23位となっています。「Give it to me I'm worth it(私に頂戴、私にはその価値がある」と自信満々の強い女性を演じ、トランペットのバックサウンドとあいまって強く、女性らしさを備えたかっこいい曲となっています。トランペットサウンドの曲はヒットする傾向にあるので、聴かれてない方は注目していはいかがでしょうか。

Fifth Harmony(フィフス・ハーモニー) はどんなアーティスト?

フィフス・ハーモニー (英語: Fifth Harmony) は、アメリカ合衆国のガール・グループ。グループは、2012年7月にオーディション番組『Xファクター』アメリカ版のシーズン2から誕生した。グループは、アリー・ブルック、ノーマニ・コーディ、ローレン・ハウレギ、ダイナ・ジェーンの4人で構成される。彼女らは、番組でテイト・スティーブンス、カーリー・ローズ・ソネンクラーに次いで3位で終わった後、サイモン・コーウェルが所有するサイコ・ミュージック、エピック・レコード、L.A.リードのレコード会社との共同契約を締結した。『Xファクター』から脱落後、デビュー・シングル『ミス・ムービン・オン』を発表。Billboard Hot 100で最高76位、50万以上のデジタル・ダウンロードを記録し、ゴールド認定を受けた。2013年に発表した最初のEP『Better Together』は、Billboard 200で初登場6位。2014年に、MTV Video Music Awardsの最優秀新人アーティスト賞を受賞。2015年2月に、デビュー・スタジオ・アルバム『リフレクション』を発表。Billboard 200で初登場5位、8万枚以上の初動売上を記録した。

詳しくはこちらから
解説を書いた人
  1. 毎週にビルボード洋楽ランキングを更新しています。みんなの洋楽ランキングは本家ビルボードからどこよりも早く情報を仕入れ、どのサイトよりも早く情報を発信しております。洋楽に詳しくなりたい人や詳しい人も是非、遊びに来て下さい!
    みんなの洋楽ランキング
Worth It の口コミ

スポンサーリンク

Fifth Harmony(フィフス・ハーモニー) の人気曲!
Fifth Harmony(フィフス・ハーモニー) とコラボしたアーティスト!

スポンサーリンク