この記事は 84 人が閲覧しています。

Call Me Maybe

最高位 : 1 位 滞在週 : 24 週
Youtubeの再生回数
解説

「コール・ミー・メイビー」 (Call Me Maybe)は、カナダの音楽家カーリー・レイ・ジェプセンが彼女の初のEP『キュリオシティ』(2012年)のために録音した楽曲。


== 概要 ==
この楽曲はジェプセンとタビッシュ・クロウによってフォークソングとして制作されたが、ロックバンドマリアナス・トレンチのボーカルジョシュ・ラムゼイの手によってジャンル的にポップへと修飾された。楽曲は、2011年11月20日に604レコードよりEPからのファースト・シングルとしてリリースされた。後にポップ歌手のジャスティン・ビーバーとセレーナ・ゴメスがこの楽曲についてツイートしたことで、ジェプセンは世界規模での注目を浴び、更にスクールボーイ・レコードと契約。アメリカ合衆国でもレーベルより彼女のシングルがリリースされるに至った。音楽性的に、「コール・ミー・メイビー」はダンスポップの影響を受けたアップビートなティーンポップのトラックである。歌詞は、女の子が男性に一目ぼれし、その彼からの電話を心待ちにしているという内容となっている。
付随する楽曲のミュージック・ビデオは、ベン・ネクテルが監督を務め、ジェプセンが演じる主人公が近所の男性の注意をひこうとするが、実はその男性はゲイで最終的に男性バンドメンバーに惚れてしまうという悲恋を描いた内容となっている。楽曲はプロモーションのために『エレン・デジェネレス・ショー』や2012年のビルボード・ミュージック・アワード2012にてパフォーマンスされている。「コール・ミー・メイビー」は既に様々なアーティストによってカバーされており、それにはケイティ・ペリーやファン、ビッグ・タイム・ラッシュ、R5、エンター・シカリ、ベン・ホワードらが含まれ、クッキーモンスターによるパロディ化もなされている。

Call Me Maybe の口コミ

スポンサーリンク

Carly Rae Jepsen(カーリー・レイ・ジェプセン) の人気曲!
Wikipedia の項目を Creative Commons Attribution CC-BY-SA 4.0 に基づき二次利用しています。

スポンサーリンク