この記事は 1220 人が閲覧しています。

Love Me Like You Do

Youtubeの再生回数
解説

この曲は、大ヒット映画である「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」の挿入歌として使われました。サビの「Love Me Like You Do la la Love Me Like You Do」とひたすらあなたらしく私を愛してと歌っていて、バラード曲なのに韻がしっかり踏まれていてただのバラードではない聴きやすい曲調となっています。主題歌となった「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」はイギリスの官能小説を元に作られた曲ですが、なぜこのクリーンな汚れのない素敵な曲(ほめすぎ?)の主題歌として作ったのか謎です。ちょっと映画をイメージして作られなさすぎてる感じがするのですが、結果として大ヒット、エリーゴールディングとしても最大レベルのヒット曲となっていますね。

Ellie Goulding(エリー・ゴールディング) はどんなアーティスト?

エリー・ゴールディング(Elena Jane Goulding 1986年12月30日 - )は、イギリスのシンガーソングライター。レコードプロデューサーのStarsmithとFrankmusikの出会いからキャリアが始まり、後にエリーのマネージャーとA&Rとなったジェイミー・リリーホワイトに見出された。2009年7月にポリドール・レコードと契約した後、翌年EP盤の『An Introduction to Ellie Goulding』でデビューを果たす。2010年発売のデビューアルバム『Lights』でイギリスアルバムチャートで1位を記録し、イギリス国内で85万枚を売り上げた。エルトン・ジョンのカバー曲「Your Song」が2010年12月にイギリスで2位を獲得し、2011年4月にバッキンガム宮殿で行われたウィリアム王子とキャサリン・ミドルトンの婚礼で同曲を披露した。2011年3月にアメリカで発売された曲「Lights」はBillboard Hot 100で2位を獲得し、アメリカレコード協会でトリプルプラチナを受賞。2012年10月にセカンドアルバム『Halcyon』を発売し、イギリスのアルバムチャートで2位を獲得、アメリカでは初のトップ10を記録した。2013年までに全世界で約400万枚のアルバムと1500万枚のシングルのセールスを達成。== 略歴 ==ヘレフォードで生まれ、ヘレフォードシャー・キングストンの近くの小さな村であるライオンズホールで4人兄弟の2番目として育てられた。両親は5歳の時に離婚。

詳しくはこちらから
解説を書いた人
  1. 毎週にビルボード洋楽ランキングを更新しています。みんなの洋楽ランキングは本家ビルボードからどこよりも早く情報を仕入れ、どのサイトよりも早く情報を発信しております。洋楽に詳しくなりたい人や詳しい人も是非、遊びに来て下さい!
    みんなの洋楽ランキング
Love Me Like You Do の口コミ

スポンサーリンク

Ellie Goulding(エリー・ゴールディング) の人気曲!
Ellie Goulding(エリー・ゴールディング) とコラボしたアーティスト!

スポンサーリンク