Bad Romance

Lady Gaga(レディ・ガガ)

「Bad Romance」を聴く
Youtubeの再生回数
解説

『バッド・ロマンス』(Bad Romance)は、アメリカ合衆国のミュージシャン、レディー・ガガの楽曲。2作目のスタジオ・アルバム『ザ・モンスター』からのリード・シングルである。レッドワンがプロデュースしており、ガガが世界ツアー中に体験したパラノイアに影響されている。この曲は最初デモ版が流出し、その後、2009年10月3日にアレキサンダー・マックイーンの2010年春夏パリコレクションのファッションショーフィナーレで公式に初公開された。「バッド・ロマンス」はガガの前のシングルと同程度のテンポのサビと大きな声でのコーラスを特徴とする。アルフレッド・ヒッチコックの映画の影響も見られる。
批評家はシングルを「ポーカー・フェイス」と比較し、肯定的な評価をした。シングルはイギリス、アイルランド、カナダ、スウェーデン、ドイツ、オーストリア、デンマークで1位を獲得。アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドで最高2位だった。ミュージックビデオはスーパーモデルによって白い浴場からガガが薬物を投与されて連れ去られ、性的奴隷としてロシアン・マフィアへの見世物になるという設定である。

Lady Gaga(レディ・ガガ) の人気曲!
Lady Gaga(レディ・ガガ) とコラボしたアーティスト!
Wikipedia の項目を Creative Commons Attribution CC-BY-SA 4.0 に基づき二次利用しています。

スポンサーリンク