この記事は 109 人が閲覧しています。

I See Fire

Youtubeの再生回数
解説

エドのアコースティックギターの演奏が綺麗に響くこの曲は映画「ホビット 竜に奪われた王国」の主題歌にもなっている。どれだけ戦う相手が強くとも立ち向かい勇敢にこの世を去る、映画の登場人物に当てて曲が作られているので映画と照らし合わせながら聴くのもいいだろう。余談だが、僕はこの曲のバックミュージックが好きだ。ポップ系の音楽にせず、リスナーに映画の情景を思い浮かべやすくするためギターがとてもメインになっている、というところからエドの曲作りに対するこだわりが見られる。Ed Sheeranが好きなのならば是非是非この曲を聴いてほしい。絶対に気にいると思う。

Ed Sheeran(エド・シーラン) はどんなアーティスト?

エドワード・クリストファー・シーラン(英: Ed Sheeran, MBE, 1991年2月17日 - )は、イギリスのシンガーソングライター。『グラミー賞』4回受賞(14回ノミネート)。ルーパーペダルとアコースティック・ギターを駆使し、特徴的なメロディーを奏でることで知られる。2017年、大英帝国勲章第5位を受賞。== 略歴 ==イングランドのウェストヨークシャー・ハリファクスにて、アイルランド人とイングランド人の両親の元に生まれ、生後まもなく家族と共にイングランド東部サフォーク州フラムリンガムに引っ越した。ギターは幼少時から習い始めた。11歳の時から作曲を始め、16歳の時にロンドンに移住しスタジオや路上でライブ活動を行ったが、高額な家賃を払えず、知人の家や路上で寝泊まりする生活を送った。2011年、『+』でレコードデビュー。2013年、映画『ホビット 竜に奪われた王国』のエンド・クレジットに書き下ろし曲「I See Fire」が使用される。2014年、アルバム『x (マルティプライ)』は、ファレル・ウィリアムスやリック・ルービンらをプロデューサーに迎えて制作された。

詳しくはこちらから
解説を書いた人
  1. なるべくマニアックな曲を紹介できるよう頑張っています。記事だけでなく、曲も楽しんでくださいね。
    やなぎぃ
I See Fire の口コミ

スポンサーリンク

Ed Sheeran(エド・シーラン) の人気曲!
Ed Sheeran(エド・シーラン) とコラボしたアーティスト!

スポンサーリンク