この記事は 42 人が閲覧しています。

Roll In Peace

Youtubeの再生回数
解説

この曲はこの2人だからこそ書ける曲なのかもしれない。別に侮辱するつもりは真っさらない。ご存知の人もいるだろうが、2人とも女性を暴行したとして世間に認識されているラッパーなのである。この曲はお互いの事件の真相について歌われていて、とても興味深い曲になっている。特にXXXの歌詞は「あれ?」と思うところがある。XXXが元恋人に暴行したという事件はご存知だろうか。XXXは罪の潔白を主張しているが、この歌詞の内容が事実なのであれば彼の言い分は正しいことになる。ニュースの記事だけでなく、音楽からも彼の心情が読み取れるので是非聴いてほしいと思う。

Kodak Black はどんなアーティスト?

コダック・ブラック(Kodak Black、本名: Dieuson Octave、1997年6月11日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州ポンパノビーチ出身のラッパー、歌手、ソングライター、ヒップホップミュージシャン。2014年の楽曲「No Flockin」で知名度を獲得。デビューアルバム『Painting Pictures』(2017年)は米ビルボード200で3位を記録、収録曲「Tunnel Vision」が全米6位のヒットとなる。2作目のアルバム『Dying to Live』(2018年)は全米1位を記録し、収録曲「Zeze」はBillboard Hot 100で2位を記録した。2020年には3作目『Bill Israel』をリリースしている。== 来歴 ==1997年6月11日、コダック・ブラックはフロリダ州ポンパノビーチでハイチ系移民の息子として生まれる。コダック・ブラックはポンパノビーチの公営住宅であるゴールデン・エーカーズで母親に育てられた。コダック・ブラックは小学生の頃からラップを始め、放課後に音楽を録音するようになる。語彙を増やすために類語辞典や辞書を読んで青春時代を過ごした。友達との乱闘や家宅侵入を頻繁に行なっており、小学5年生の時にはケンカで退学になる。

詳しくはこちらから
解説を書いた人
  1. なるべくマニアックな曲を紹介できるよう頑張っています。記事だけでなく、曲も楽しんでくださいね。
    やなぎぃ
Roll In Peace の口コミ

スポンサーリンク

Kodak Black の人気曲!
Kodak Black とコラボしたアーティスト!

スポンサーリンク