この記事は 26 人が閲覧しています。

Say You Won't Let Go

Youtubeの再生回数
解説

2012年のイギリスでの人気番組であるXファクターで優勝し、歌手デビューしたJames Arthur。そんな彼が2016年に発表したアルバムからのシングルで、最高位は10位ながら、50週以上チャートインするロングヒットとなり、Billboardの年間チャートでは11位に食い込みました。Say You Won't Let Goとは、「行かないと言ってくれ」つまり、「ずっと傍にいてくれ」という意味です。「2人が老いてもずっと一緒にいたい」「死んでからも一緒に生きたい」など妻である女性への深い愛を歌っています。歌詞、メロディともに泣かせてきますね、、。海外では、結婚式にも使われているようなので、皆さんもぜひ、結婚式ではこの曲を使いましょう。

James Arthur はどんなアーティスト?

イギリスのオーディション番組 Xファクターの2012年優勝者。家庭環境はあまり恵まれていなかったそうですが、音楽にはひたむきに打ち込み、15歳ごろから作詞作曲もしていた。Xファクターで歌ったShontelle (ションテル) のカバー曲「Impossible (インポッシブル)」。

詳しくはこちらから
解説を書いた人
  1. 洋楽好きな人いませんか?ジャンルはほぼなんでもオーケー(*´∀`)ノ それもいいけど友達欲しいです💦 19ageです。同い年、ほかの方々もフォロー宜しく! 洋楽、B'z、東宝映画、猫が大好きですw
    魏怒羅なK@C
Say You Won't Let Go の口コミ

スポンサーリンク

James Arthur の人気曲!

スポンサーリンク