この記事は 1197 人が閲覧しています。

Chandelier

最高位 : 8 位 滞在週 : 8 週
Youtubeの再生回数
解説

アメリカの美少女天才ダンサーのマディー・ジーグラーが出演したMVが注目され、大ヒットとなったシーアのChandelierは、パーティで盛り上がっているだけの人生で現実と向き合えないパーティガールを歌っています。日々お酒を大量に飲み、都合の良い女性はその煌びやかな世界からぬけだせず、「今夜さえ乗り切れれば、、」ともうどうしようもない人を演じています。シャンデリアは灯りが灯っているシャンデリアをあらわしており、煌びやかな世界、つまりシャンデリアにぶら下がっているだけでこのままだと堕ちてしまう様子を描いておりますが、この表現を変えるだけでいろんな意味に解釈出来るのもシャンデリアの面白いところです。歌詞も素敵なのですが、この歌唱力と天才少女が華麗に踊る姿が他にはない世界観を出していて、これだけ大ヒットするのも頷ける作品となっています。

Sia(シーア) はどんなアーティスト?

シーア・ケイト・イゾベル・ファーラー(英: Sia Kate Isobelle Furler、1975年12月18日 - )は、シーア()の芸名で知られるオーストラリアの歌手、ソングライター。== 略歴 ==1990年代中期にアシッドジャズバンド・クリスプのボーカルとしてその経歴を開始した。1997年にバンド解散後、オーストラリアのレコード会社からソロデビューアルバム『OnlySee』を発表。その後、イギリスのデュオZero 7のリードボーカルとして参加。2000年にソニー・ミュージック傘下のダンス・プールと契約し、翌年に2枚目のスタジオ・アルバム『Healing Is Difficult』を発表。レコード会社の宣伝に不満を持った彼女はGO! Beatと契約を結び、2004年に3枚目のスタジオ・アルバム『Colour the Small One』を発表。2012年にニーヨと共作した『Let Me Love You (Until You Learn to Love Yourself)」が全英シングルチャートで1位を獲得し、イギリスで史上49番目に売れたシングルとなった。2014年に発表した6枚目のスタジオ・アルバム『1000 フォームズ・オブ・フィアー』は、世界的ヒットシングル『シャンデリア』を生み出した。同作は、その年度のグラミー賞において最優秀レコード賞を含む4部門にノミネートされた。

詳しくはこちらから
解説を書いた人
  1. 毎週にビルボード洋楽ランキングを更新しています。みんなの洋楽ランキングは本家ビルボードからどこよりも早く情報を仕入れ、どのサイトよりも早く情報を発信しております。洋楽に詳しくなりたい人や詳しい人も是非、遊びに来て下さい!
    みんなの洋楽ランキング
Chandelier の口コミ

スポンサーリンク

Sia(シーア) の人気曲!
Sia(シーア) とコラボしたアーティスト!

スポンサーリンク