この記事は 1886 人が閲覧しています。

Stay

Youtubeの再生回数
解説

亡くなってしまったジュース・ワールドに実力を認められ、共同生活をしていたThe Kid LAROI。マイラー•サイラスとコラボした「WITHOUT YOU」のヒットに続き、今作はジャスティン•ビーバーとコラボした。実はこの曲、ジャスティン•ビーバーだけでなくチャーリー•プースも関わっておりすごく豪華な一曲となっている。どことなくBlinding Lightsを彷彿させる曲で、ヒットすることは間違いないだろう。オリビア•ロドリゴに続き、z世代のスターThe Kid LAROIに期待したい

The Kid LAROI(キッド・ラロイ) はどんなアーティスト?

ザ・キッド・ラロイ(The Kid Laroi、本名:Charlton Kenneth Jeffrey Howard、2003年8月17日 - )は、オーストラリアニューサウスウェールズ州ウォータールー出身のラッパー、歌手、ソングライター、ヒップホップミュージシャン、音楽プロデューサー。キッド・ラロイはオーストラリア先住民の一人であり、アーティスト名「ラロイ」の由来となったカミラロイ族出身である。ニューサウスウェールズ州ウォータールーで生まれたラロイは、オーストラリアでのツアー中に師弟関係だった故ジュース・ワールドに実力を認められ、共同生活をしていた。ジュース・ワールドを発掘したLil BibbyのグレードAプロダクションとコロムビア・レコードとレコード契約を交わし、シングル「Let Her Go」でオーストラリア国外で知られるようになった。また、2020年にジュース・ワールドをフィーチャーした楽曲「Go」がBillboard Hot 100で52位でチャート入りし、さらに人気を博した。ラロイのデビューミックステープ『F*ck Love』(2020年)は、オーストラリアのARIAチャートで1位を記録し、オーストラリア最年少のソロアーティストとしてトップに躍り出た。米Billboard 200では3位を記録した。そして、ジャスティン・ビーバーが客演した「Stay」はUS Billboard Hot 100で1位を記録した。== 来歴 ==チャールトン・ケネス・ジェフリー・ハワードは、 2003年8月17日、ニューサウスウェールズ州ウォータールーのシドニー南部レッドファーン近郊の郊外で生まれた。両親は、地元のアーティストと協力した音楽プロデューサー兼サウンドエンジニアのニック・ハワードと、モデルマネージャー兼音楽エグゼクティブのスローン・ハワード。

詳しくはこちらから
解説を書いた人
  1. 毎週にビルボード洋楽ランキングを更新しています。みんなの洋楽ランキングは本家ビルボードからどこよりも早く情報を仕入れ、どのサイトよりも早く情報を発信しております。洋楽に詳しくなりたい人や詳しい人も是非、遊びに来て下さい!
    みんなの洋楽ランキング
Stay の口コミ

スポンサーリンク

The Kid LAROI(キッド・ラロイ) の人気曲!
The Kid LAROI(キッド・ラロイ) とコラボしたアーティスト!

スポンサーリンク