この記事は 人が閲覧しています。

Everybody Loves Somebody Sometime

Youtubeの再生回数
解説

「誰かが誰かを愛してる」(だれかがだれかをあいしてる、英語: Everybody Loves Somebody)は、サム・コスロー (Sam Coslow)、アーヴィング・テイラー (Irving Taylor)、ケン・レイン (Ken Lane) が共作した1947年の歌。


== ヒットまでの経緯 ==
1964年までに、フランク・シナトラによるものを含む数件のレコーディングがなされていたが、ヒットには至っていなかった。1964年、共作者のひとりであるレインが、ディーン・マーティンのアルバム『Dream with Dean』のセッションにピアニストとして参加した際、スタジオが使用できる残り時間が1時間あまりという時点でアルバムには1曲分足りないという状態になり、レインはマーティンにこの曲を歌ってみることを提案した。ディーンはこれに同意し、ピアノとギター、ドラム、ベースというスモール・コンボの編成で、比較的静かな、レイドバックしたジャズ・バージョンの演奏が行なわれた。マーティンはこの曲を、20年ほど前の1948年にボブ・ホープのラジオ番組で披露したことがあった。
その直後、マーティンは次作のアルバムに入れるべく、オーケストラとコーラスを付けてこの曲を再レコーディングした。マーティンが所属していたリプリーズ・レコードは、このバージョンがヒットすると見込んで、アルバムのタイトルを『Everybody Loves Somebody』として、この曲が目立つようにした。
当時のマーティンは、依然としてメジャーな歌手であったが、1958年以降はTop 40 入りするヒット曲に恵まれていなかった。さらに、ブリティッシュ・インヴェイジョンがアメリカ合衆国のチャートを席巻するなか、中年のイタリア系クルーナーが、多くのティーンエージャーに受けるとは思われていなかった。しかし、この曲はBillboard Hot 100 とEasy Listening のチャートで首位に立ち、後者では8週間にわたって首位にとどまった。

Dean Martin(ディーン・マーティン) はどんなアーティスト?

ディーン・マーティン(Dean Martin、1917年6月7日 - 1995年12月25日)は、アメリカ合衆国の歌手・俳優・コメディアンである。1946年~1956年はジェリー・ルイスとのコメディ・チーム「底抜けコンビ」で知られ更に1958年以降はフランク・シナトラやサミー・デイヴィスJr.たちと組んだエンターテイナー集団ラット・パックのレギュラーとしても有名。アメリカではディノ(Dino)の愛称で親しまれている。“最も人気の高いアメリカのミュージシャン・ベスト100”では15位に選ばれている。== 来歴 ===== 生い立ち ===1917年6月7日、アメリカ・オハイオ州の東部、ピッツバーグに程近い小都市ステューベンヴィルで生まれる。イタリア系のアメリカ人で、出生時の名前はDino Paul Crocettiである。イタリア系移民の子であったので幼少のときは英語が話せずイタリア語を話していた。=== 高校中退後 ===高校を中退し、闇酒場で密造酒などの運転士をしたり製鉄所に棍棒を携帯しガードマンとして勤務していた。さらに少年時代から酒場に出入りしていたことから15歳よりウェルター級ボクサーとして懸賞試合でボクシングをしていた。その時のリングネームは『キッド・クロセッティ』である。

詳しくはこちらから
Everybody Loves Somebody Sometime の口コミ

スポンサーリンク

Dean Martin(ディーン・マーティン) の人気曲!
Wikipedia の項目を Creative Commons Attribution CC-BY-SA 4.0 に基づき二次利用しています。

スポンサーリンク