この記事は 1846 人が閲覧しています。

Forever After All

最高位 : 2 位 滞在週 : 1 週
Youtubeの再生回数
解説

Luke Combsの妻への愛が綴られたこの曲は、Luke Combs初のトップ10入りを果たし、カントリーの男性ソロ・アーティストによるBillboard Hot 100の初登場記録を塗り替えた。この曲は2016年から交際し今年の8月に結婚した妻Nicole Hockingへの愛からインスパイアされた曲で、何気ない姿に永遠の愛を見出す素朴で甘美なラブソングとなっている。LukeはBillboardで「妻がいなかったら、この歌は生まれなかった」と語っている。この曲は、Apple MusicとSpotifyでカントリー・ソングのリリース初日再生回数で史上最多を記録し、Spotify「Top 10 Global Song Chart」で2位となった。この曲は昨年リリースされたアルバム「What You See Is What You Get」のデラックス盤「What You See Ain’t Always What You Get」に収録されており、このアルバムのリリースを受けて通常盤がBillboardのアルバムチャートで返り咲き、そのストリーミングで国内週間1億226万回再生を記録し、自身が打ち立てた記録を塗り替えた。今回のリリースで様々な記録を更新したLuke Combs。今後の動きにも注目だ。

Luke Combs はどんなアーティスト?

ルーク・コムズ(Luke Combs、本名: Luke Albert Combs、1990年3月2日 - )は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州シャーロット出身のカントリー歌手、シンガーソングライター。== 来歴 ==1990年3月2日、ルーク・コムズはノースカロライナ州シャーロットで一人っ子として生まれ、8歳の時にノースカロライナ州アシュビルに引っ越した。幼少期からヴォーカリストとして活動しており、高校在学中はフットボールに打ち込む傍ら、複数のヴォーカルグループと共演し、カーネギーホールでソロを披露するなど音楽活動を続けた。その後、アパラチア州立大学に通い、バーの用心棒として働いてる際にそのバーのステージに立つ機会を得た。初めて曲を書いたのは22歳の時だった。大学4年の残り1か月を切った頃、ルーク・コムズはカントリー・ミュージックのキャリアを追求するために中退した。その後、音楽のためにテネシー州ナッシュビルに移り住む。2014年2月、デビューEP『The Way She Rides』をリリース。同年、2作目のEP『Can I Get an Outlaw』をリリースした。2015年11月、3作目のEP『This One's for You』をリリースする。

詳しくはこちらから
解説を書いた人
  1. なるべくマニアックな曲を紹介できるよう頑張っています。記事だけでなく、曲も楽しんでくださいね。
    やなぎぃ
Forever After All の口コミ

スポンサーリンク

Luke Combs の人気曲!

スポンサーリンク