この記事は 1010 人が閲覧しています。

Runnin

最高位 : 9 位 滞在週 : 1 週
Youtubeの再生回数
解説

遂にリリースされた21 SavageとMetro Boominの初登場1位を記録したコラボアルバム「Savage Mode II」からの一曲。Diana Rossの「I Thought It Took a Little Time」をサンプリングしていて、そのサンプリングした音源をリピートして繋げ合わせ、21 Savageに合ったダークなトーンにアレンジされている。この曲では21 Savageにとっての敵「Opps」に向かって歌っていて、曲が進むにつれて内容が攻撃的になっていく。そして今作の前編にあたるEP「Savage Mode」についても言及していて、「1作目をSavage Modeって呼んだのは俺の気分」と始まり「当時は車を乗り回して野郎共を殴ってた」と当時の自分を振り返っている。MVは21 Savageの地元であるアトランタで撮影されていて、今年のグラミー賞で「最優秀ラップ楽曲賞」を受賞した際に手にしたトロフィーを出会った人に見せる、という内容になっている。前作「i am > i was」のタイトル通り、デビューから成長した21 Savageを堪能できるので、是非聴いてほしい。

21 Savage(21・サヴェージ) はどんなアーティスト?

21サヴェージ(トゥエニーワン・サヴェージ、英: 21 Savage、本名: Sheyaa Bin Abraham-Joseph、1992年10月22日 - )は、イギリス・ロンドン生まれ、アメリカ合衆国アトランタ出身のラッパー、シンガーソングライター、音楽プロデューサーである。2015年に発表したミックステープ『The Slaughter Tape』にて有名になり、その後同じくプロデューサーのメトロ・ブーミンとコラボレーションしたEP『Savage Mode』(2016年)、また同年、Drakeのシングル曲「Sneakin」でコラボレーションをしたことによりアメリカ国内で注目を浴びた。これまでにグラミー賞を1回受賞している。== 来歴 ==1992年10月22日、ロンドンのプレストウ(Plaistow)にあるニューハム病院で、イギリス出身の両親の間に生まれた。21サヴェージの両親は早い時期に別居し、7歳の時に母親と一緒にジョージア州アトランタに引っ越した。2005年6月、12歳の時に叔父の葬儀のためにイギリスに行き1ヶ月間滞在した後、2005年7月22日にH-4ビザでアメリカに帰国したが、このビザは1年後に失効したとされる。2013年10月、親友が亡くなったことをきっかけに21サヴェージはラップを始めた。音楽活動は亡くなった親友の叔父の助けを借りており、スタジオでの時間を得るための資金提供を受けていた。2015年5月25日、デビュー・ミックステープ『The Slaughter Tapeをリリースする。2015年7月2日、21 SavageはSonny DigitalとのコラボEP『Free Guwop』をリリースした。

詳しくはこちらから
解説を書いた人
  1. なるべくマニアックな曲を紹介できるよう頑張っています。記事だけでなく、曲も楽しんでくださいね。
    やなぎぃ
Runnin の口コミ

スポンサーリンク

21 Savage(21・サヴェージ) の人気曲!
21 Savage(21・サヴェージ) とコラボしたアーティスト!

スポンサーリンク