この記事は 26 人が閲覧しています。

I'm Not The Only One

Youtubeの再生回数
解説

曲名を直訳すると「私はたった一人じゃない」といったものになり、独りぼっちだと思っている人に向けた応援ソングのようにも見える。だがこの曲は、共に歩むことを決めた最愛の人が浮気をして、自分以外にも愛している異性がいることに対しての苦悩や悲しみを女性の視点で描いたバラードとなっている。「あなたが私をベイビーって呼ぶ時、私はあなただけの者ではないって実感するの」という歌詞があるが、おそらく曲名はここの部分から来ているのだろう。この曲がシングルでリリースした後にA$AP Rockyとコラボしたバージョンもリリースした。ヒット曲「Stay With Me」とは打って変わった曲に仕上がっているが、Billboardのシングルチャートでは5位、年間シングルチャートでは26位を記録した。

Sam Smith(サム・スミス) はどんなアーティスト?

サム・スミス(Sam Smith、1992年5月19日 - )は、イギリスのシンガーソングライターである。== 来歴 ===== 生い立ち ===ロンドン生まれ。仲立人職のケイト・キャシディとフレデリック・スミスの息子として生まれる。ロンドンの芸能学校であるナショナル・ユース・ミュージック・シアターに2007年に入学し、ジャズバンドに参加しながら、ジャズボーカリストでありピアニストのジョアンナ・エデンに歌と作曲の技法を学ぶ。=== 音楽活動 ===2012年10月8日に発売されたディスクロージャーのシングル『Latch』にゲストボーカルとして参加し、全英11位を記録し名を挙げることになった。また、2013年5月19日に発売されたノーティー・ボーイのシングル『La La La』に参加し、同曲は全英1位のヒットとなった。同年12月、イギリスレコード協会主催のブリット・アワードで批評家賞を受賞。2014年1月には、BBCによる批評家や音楽関係者の投票で有望な新人アーティストを選出する恒例企画『BBC Sound of 2014』において、1位に選出された。同年5月には名門キャピトル・レコードより、デビュー・アルバム『In the Lonely Hour』をリリース。アルバムからグラミー賞の6つの部門にノミネート(2014年12月)され、 2015年2月8日ロサンゼルスで開催された第57回グラミー賞授賞式では最多の4部門: Best New Artist(最優秀新人賞)、 Stay with Me に対して Record of the Year(年間最優秀レコード賞), Song of the Year(年間最優秀楽曲賞)。

詳しくはこちらから
解説を書いた人
  1. なるべくマニアックな曲を紹介できるよう頑張っています。記事だけでなく、曲も楽しんでくださいね。
    やなぎぃ
I'm Not The Only One の口コミ

スポンサーリンク

Sam Smith(サム・スミス) の人気曲!
Sam Smith(サム・スミス) とコラボしたアーティスト!

スポンサーリンク