この記事は 9245 人が閲覧しています。

Life Is Good

Youtubeの再生回数
解説

2015年にリリースしたコラボアルバム「What a Time to be Alive」を見事にヒットさせたFutureとDrakeの新曲。この曲では自身が人気アーティストであることを主張するような曲になっていて「いつも通り今週も週末までしっかり働いて、仕事ばっかりで金が儲かって儲かって仕方がない。人生は最高だ」という結構強烈な一文でスタートする。Drakeに関しては「God’s Plan」でもう察することができるだろう。この曲のMVではもちろん仕事をすることをコンセプトに作られていて、FutureとDrakeがゴミ収集車でゴミを回収したり、マクドナルドで働いたり、と。実はこのMVにMike WiLL Made-ItとLil Yachtyと21 Savageがカメオ出演しているので探してみては?ちなみにこの曲では前半をDrake、後半をFutureが歌っているのだが、どちらもビートをプロデュースした人とビートそのものが違うのである。なので実質Drakeの曲とFutureの曲をくっつけたような感じになっている。例えるとするならば、Travis Scottの「SICKO MODE」といったところか。あ、なんだかデジャブ感が...。

Future はどんなアーティスト?

フューチャー (英 : Future、1983年11月20日 - )とは、アメリカ合衆国ジョージア州出身のラッパーである。本名はネイバディウス・ウィルバーン(Nayvadius Wilburn)。6枚のアルバム及びミックステープが全米1位を獲得するなどアメリカのヒップホップシーンを代表する存在として君臨している。== 来歴 ==ジョージア州アトランタを中心に活動するヒップホップグループ The Dungeon Familyのメンバーとして活動を開始。いくつかのミックステープを発表したのち、2012年、雑誌XXLに期待の新人(Freshman)として選出される。そんな状況の中、満を持してデビューアルバム『Pluto』を2012年4月にリリース。全米ビルボード200にて初登場8位を記録する。その後、リアーナのアルバム『Unapologetic』やドレイクらも参加したコンピレーション・ミックステープ『F.B.G.:The Movie』への参加、ドレイクのツアーへの帯同などによって注目を集め、2014年4月に発売した2枚目のスタジオアルバム『Honest』は全米アルバムチャート2位まで上り詰めた。2015年7月、3rdアルバム『DS2』を発表。自身初の全米アルバムチャート1位を記録する。

詳しくはこちらから
解説を書いた人
  1. なるべくマニアックな曲を紹介できるよう頑張っています。記事だけでなく、曲も楽しんでくださいね。
    やなぎぃ
Life Is Good の口コミ

スポンサーリンク

Future の人気曲!
Future とコラボしたアーティスト!

スポンサーリンク