この記事は 2811 人が閲覧しています。

everything i wanted

最高位 : 8 位 滞在週 : 8 週
Youtubeの再生回数
解説

今年「WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?」をリリースしたBillie Eilishのアルバムリリース後初のシングルとなった本作。この曲はコラボレーター兼プロデューサー、そして実の兄であるFINNEASと共同で制作された。Billieの持ち味でもある特殊なビートがダークな曲調を作り上げていて、Billie自身が「この曲は、自分が望んだものが夢に見ていたようには手に入らないこともあるということを歌ったものになっているわ」と話していることから、この曲は今アルバムの延長線上にできたものともいえるだろう。今年はBillie Eilishは勿論のことLil Nas Xといった異色のアーティストの活躍が目立った一年だったが、もしこれらのアーティストがいなかったら今年の音楽業界はどうなっていたのだろうか...。わからないままだ。ちなみにこの曲には「My head was underwater (私の頭は水の中にあった)」という歌詞があるのだが、この部分は実際に水中でレコーディングしたんだそう。Billieは「そうせざるを得なかったのよ」と話しているらしく、ここにはどういった意味が込められているのか、気になるところである。

Billie Eilish(ビリー・アイリッシュ) はどんなアーティスト?

ビリー・アイリッシュ・パイレート・ベアード・オコンネル(英語: Billie Eilish Pirate Baird O'Connell、、2001年12月18日 - )は、アメリカ合衆国の女性シンガーソングライターである。2015年にSoundCloudに楽曲「Ocean Eyes」をアップロードしたことがきっかけで注目を集める。同曲はレコード・レーベル、インタースコープ・レコードの子会社、Darkroomの目に留まり、同社からリリースされた。「Ocean Eyes」は、彼女の兄であるフィニアス・オコネルが作詞・プロデュースを担当。2017年8月11日にEP「Don't Smile at Me」をリリース。EPがアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアでトップ15を果たし、シングル「Bellyache」もリリースされる。EPの商業的成功に次ぎ、2017年の9月にはApple Musicの「Up Next」と呼ばれる新人アーティストの支援プログラムに選ばれた。また、アメリカ人シンガーのカリードとのコラボで2018年4月にシングルの「lovely」をリリースし、同曲はNetflixで配信されている『13の理由』セカンド・シーズンのサウンドトラックになった。2019年3月29日には、デビュー・アルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』がリリースされ、批評家たちからも絶賛されている。 アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアでは1位を獲得した。

詳しくはこちらから
解説を書いた人
  1. なるべくマニアックな曲を紹介できるよう頑張っています。記事だけでなく、曲も楽しんでくださいね。
    やなぎぃ
everything i wanted の口コミ

スポンサーリンク

Billie Eilish(ビリー・アイリッシュ) の人気曲!
Billie Eilish(ビリー・アイリッシュ) とコラボしたアーティスト!

スポンサーリンク