この記事は 人が閲覧しています。

Play It Again

Youtubeの再生回数
解説

イントロがかなり特徴的なLuke様の名曲。Billboardのシングルチャートでは14位、年間シングルチャートでは64位だったが、カントリーチャートで1位を記録し、年をまたぐほどのロングヒットを記録した。この曲は音楽の力を使って恋人を得るといった内容である。ある日テイルゲートに座っている女性に一目惚れをして話しかけようとしたとき、ラジオから女性の好きな曲が流れ、女性に踊らないかと誘われる。曲が終わるまで一通り踊ったあと女性にもう一回踊ろうかと誘われるが、ラジオから同じ曲が流れることはなく、一生のお願いだからもう一度かけてくれと願う、といったラブソングである。ベタな内容ではあるが、是非聴いて欲しい。

Luke Bryan(ルーク・ブライアン) はどんなアーティスト?

ルーク・ブライアン(Thomas Luther Luke Bryan 1976年7月17日生)はアメリカ合衆国のカントリー歌手。2000年代中期より音楽活動を開始し、トラヴィス・トリット、ビリー・カリントンに曲を提供。2007年、キャピトル・レコード・ナッシュビルと契約後、2007年8月14日、シングル曲『All My Friends Say 』、『We Rode in Trucks 』、『Country Man 』を含むアルバム『I'll Stay Me 』を発売。2009年10月6日、レディ・アンテベラムのチャールズ・ケリーと共作の『Do I 』、ビルボードのカントリー・チャートで第1位を獲得したシングル『Rain Is a Good Thing 』と『Someone Else Calling You Baby 』を含む2枚目のアルバム『Doin' My Thing 』を発売。2011年8月9日、『Country Girl (Shake It for Me) 』、上記チャートで第1位獲得の『I Don't Want This Night to End 』と『Drunk on You 』を含む3枚目のアルバム『Tailgates & Tanlines 』を発売。『Drunk on You 』以外の全シングルはジェフ・スティーヴンスとの共作。== 経歴 ==ジョージア州リーズバーグで生まれ育った。14歳の頃、両親からギターを買い与えられ、習得後地元のいくつかのバンドに所属し地元のクラブで演奏を始めた。リー郡立高等学校卒業後、テネシー州ナッシュビルへ引っ越すことを計画したが、転居当日に兄弟のクリスが亡くなったため延期になった。ジョージア南大学に進学し、社交クラブに所属した。

詳しくはこちらから
解説を書いた人
  1. なるべくマニアックな曲を紹介できるよう頑張っています。記事だけでなく、曲も楽しんでくださいね。
    やなぎぃ
Play It Again の口コミ

スポンサーリンク

Luke Bryan(ルーク・ブライアン) の人気曲!

スポンサーリンク