この記事は 14 人が閲覧しています。

I Bet You Look Good On The Dancefloor

Youtubeの再生回数
解説

Arctic Monkeysのデビューシングル。この曲がリリースされた時、彼らは19歳や20歳といった若さだったが、1枚目のシングルなのにもかかわらずイギリスのシングルチャートで1位を記録した。若者の情熱が綺麗に表現されていて、ギターバンドで溢れてかえっていた当時の世界において、この個性溢れた激しい曲調を作り出すのは実際不可能に等しかった。そんなことを華麗にやり遂げた彼らは天才とも言えるだろう。この曲が収録されているアルバム「Whatever People Say I Am, That’s What I’m Not」だが、この名前は1960年の映画「土曜の夜と日曜の朝」の主人公の台詞から拝借されている。このアルバムのジャケットに移っている男性はArctic Monkeysのメンバーの友人であるChris McClure。このジャケット写真の中で彼は煙草を吸っているのだが、この事にNHSスコットランドの責任者であるLaurence Gruer博士が「この写真が間接的に喫煙を推奨していることになりかねない」と発言した。この事に対して「寧ろあの写真を見て喫煙が若者の為になると思う人はまずいないだろう」とバンドのプロダクトマネージャーが反論した。おそらく彼はスコットランドで2006年3月末から始まった公共の場での喫煙禁止を受けてこの発言をしたと思われる。ちなみにChrisはこの写真が撮られる数時間前から酒を飲んでいて、撮られた時には既に酔っていたという。結局ノーギャラだったが、酒代は支払われたんだとか。

I Bet You Look Good On The Dancefloor の口コミ

スポンサーリンク

Arctic Monkeys(アークティック・モンキーズ) の人気曲!

スポンサーリンク

大切な記念日に贈るおすすめのフォトブック
日頃の感謝の気持ちをフォトブックにして贈りましょう。