この記事は 122 人が閲覧しています。

Money In The Grave

最高位 : 7 位 滞在週 : 2 週
Youtubeの再生回数
解説

Chris Brownとの曲に続いて、今週はRick Rossをフィーチャーしたこの曲がランクインした。この曲はNBAのトロント・ラプターズが初優勝を果たしたことを記念して「Omertà」と共にリリースされた。この曲は、サビで「俺が死んだら、金も一緒に埋葬してくれ」と歌っていて、Drakeがこの世を去った後にDrakeの地位を奪いにくる所謂「ヘイター」達に向けた挑発の歌となっている。金も一緒に埋葬するのは、ヘイターに金を奪われないようにするためだろう。ラッパーの中でもトップクラスにいるDrake。まさにトロント・ラプターズのような存在だ。ちなみにDrakeはトロント・ラプターズの決勝戦の試合を見させてもらえなかったという。Drakeはチームの大ファンなだけに、観戦マナーも度が過ぎることが度々あったのだとか。トラブルを未然に防ぐためにこういった対応をしたという。ファンなのはいいけどルールは守って欲しいと切実に思う、僕なのであった。

Drake(ドレイク) はどんなアーティスト?

ドレイク(Drake、1986年10月24日 - )は、カナダ出身のラッパー、俳優。 本名は、オーブリー・ドレイク・グレアム (Aubrey Drake Graham) 。カナダの学園テレビドラマ『Degrassi: The Next Generation』に第1シーズンから第7シーズンまでレギュラー出演したことで知名度を獲得した。デビューアルバムから8作連続全米1位を記録するなど、名実ともに北米の音楽シーンを代表するアーティストの1人。== 略歴 ==2006年2月、自身初のミックステープ『ルーム・フォー・インプルーブメント』を自主製作で発表し、6000枚以上の売り上げを記録。2007年には2枚目となるミックステープ『カムバック・シーズン』をリリース。2009年に3枚目のミックステープ『So Far Gone(ソー・ファー・ゴーン)』を自身のブログ上で無料のダウンロード形式でリリース。発表から2時間で2000ダウンロード以上を記録した。同年『ソー・ファー・ゴーン(ミックステープ)』収録の5曲に加え、新曲を2トラック追加収録した『ソー・ファー・ゴーン』をリリース。このEPは、初週に73000枚を売り上げ、全米ビルボード200にて初登場7位を記録した。

詳しくはこちらから
解説を書いた人
  1. なるべくマニアックな曲を紹介できるよう頑張っています。記事だけでなく、曲も楽しんでくださいね。
    やなぎぃ
Money In The Grave の口コミ

スポンサーリンク

Drake(ドレイク) の人気曲!
Drake(ドレイク) とコラボしたアーティスト!

スポンサーリンク