この記事は 34 人が閲覧しています。

Yonkers

Youtubeの再生回数
解説

Tylerの1stシングル「Sandwitches」の売り上げは不調だったが、2ndシングルであるこの曲はかなり高い評価を得た。そしてKanye Westがこの曲のPVを絶賛したことがキッカケでTylerはメジャーデビューを果たした。この曲は残念ながらBillboardのシングルチャートにランクインせず、その上MTV Video Music Awardsにて「ビデオ・オブ・ザ・イヤー」にノミネートされたものの受賞には至らなかった。しかし別でノミネートされていた「最優秀新人賞」には見事受賞し、全米だけでなく世界からも注目されるようになった。話を変えるが、この曲のMVはかなり印象に残る仕上がりになっていて、目を離さずにはいられなくなるだろう。だがMVではこの曲は残念ながらショートバージョンになっている。歌詞にも過激な内容が含まれており、そこをカットしたためだと思われる。もしこの曲が気に入ったら、是非フルで聴いてほしいものだ。

Tyler, The Creator はどんなアーティスト?

タイラー・ザ・クリエイター(Tyler, The Creator、1991年3月6日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ラデラハイツ出身のラッパー、ソングライター、音楽プロデューサー、デザイナー、映像作家。本名はタイラー・グレゴリー・オコンマ(Tyler Gregory Okonma)。2010年代初頭に活躍したオルタナティブヒップホップグループOdd Future(オッド・フューチャー)の創設者でリーダーであり、ほぼすべての作品でラップとプロデュースを担当している。ソロアーティストとしては、6つのスタジオアルバムをリリースしており、ほとんどの楽曲で自身がプロデュースを行っている。Odd Futureの初期の作品を発表した後、2009年にソロ・ミックステープ『Bastard』をリリース。2011年にXL Recordingsからソロ・デビューアルバム『Goblin』をリリースした後、RED DistributionとSony Music Entertainmentとのジョイント・ベンチャー契約を結び、自身のレーベルであるOdd Future Recordsを立ち上げる。その後、2作目のアルバム『Wolf』(2013年)と3作目『Cherry Bomb』(2015年)をリリース。4枚目のアルバム『Flower Boy』(2017年)は広く賞賛され、よりメロディに焦点を当てたジャズを多用したサウンドを実験的に取り入れたことで、それまでの作品とは対照的なものとなった。5枚目のアルバム『IGOR』(2019年)はBillboard 200で初の全米ナンバーワンデビューを果たし、第62回グラミー賞で最優秀ラップアルバムを受賞した。2021年には6枚目のアルバム『CALL ME IF YOU GET LOST』をリリース。

詳しくはこちらから
解説を書いた人
  1. なるべくマニアックな曲を紹介できるよう頑張っています。記事だけでなく、曲も楽しんでくださいね。
    やなぎぃ
Yonkers の口コミ

スポンサーリンク

Tyler, The Creator の人気曲!
Tyler, The Creator とコラボしたアーティスト!

スポンサーリンク