この記事は 26 人が閲覧しています。

Caterpillar

Youtubeの再生回数
解説

この曲を一通り訳してみたのだが、エミネムがフィーチャーされているせいか思ったよりも難しい内容となっている。この曲ではエミネムが得意とする「2つの意味を持つ」作品となっている。一見イモムシについて歌ってると思えば、戦場の話も出てくる。MVの冒頭に辞書の一部が表示されるところから、2つの意味を持たせていることは確実。プラス、エミネム特有の韻の踏み方も圧巻。とてもカッコ良く作られているが、爆発的にヒットしていないのも事実。僕はこれを「隠れた名曲」と題してここで紹介しようと思う。

Royce da 5’9” はどんなアーティスト?

ロイス・ダ・ファイブ・ナイン (Royce da 5'9、本名: ライアン・ダニエル・モントゴメリー、1977年7月5日 - ) は、アメリカ合衆国ミシガン州デトロイト出身のラッパー、ソングライター。2000年代以降、ヒップホップグループ「スローターハウス」及び、エミネムとのデュオ「バッド・ミーツ・イーヴィル」の一員として活動しているが、以前はショーン・コムズやドクター・ドレーらの楽曲に歌詞を提供するゴーストライターであったという経歴を持つ。代表曲にDJプレミアによるプロデュース曲「Boom」などがある。== 略歴 ==1977年7月5日、ミシガン州,デトロイトにて生まれる。ステージネームは、ロールス・ロイスのロゴに似たペンダントを着用していた為、学校でロイスというあだ名で呼ば良れていた事と、自身の身長が5フィート9インチである事に由来する。1997年、ロイスのマネージャーを通じてエミネムと出会い、バッド・ミーツ・イーヴィルを結成。ロイスはその後、エミネムのデビューアルバム『The Slim Shady LP』収録の「Bad Meets Evil」に参加している。2002年11月26日、ソロ・デビューアルバム『Rock City』をリリースする。2009年8月11日、スローターハウスとして1stアルバム『Slaughterhouse』を発売。全米アルバムチャートにて初登場25位を記録。

詳しくはこちらから
解説を書いた人
  1. なるべくマニアックな曲を紹介できるよう頑張っています。記事だけでなく、曲も楽しんでくださいね。
    やなぎぃ
Caterpillar の口コミ

スポンサーリンク

Royce da 5’9” の人気曲!
Royce da 5’9” とコラボしたアーティスト!

スポンサーリンク