この記事は 25 人が閲覧しています。

KEVIN

Youtubeの再生回数
解説

曲名の「Kevin」はMacklemoreの友人の名前である。Kevinは薬物の過剰摂取によるオーバードーズで亡くなった。Macklemore自身も一時期は薬物依存症だったが、今はキッパリとやめている。アメリカでは、好奇心からか母親の薬箱から薬を持ち出し、乱用をして依存症になってしまうことが多いらしく、勿論薬物を乱用すること自体に問題はあるが、薬物を簡単に手に入れてしまい、簡単に薬物に浸っていくアメリカの現代社会をこの曲では皮肉っている。と同時に、エミネムも陥った処方薬の過剰摂取についても言及していて、処方薬を渡すだけ渡しておいて、その人がそれが理由で亡くなったかもしれないのに責任を持たない医者に対して「自分が人を救ってる神だと思い込んでやがる」と皮肉っている。処方薬の入れ物の容器を「白いキャップがついたオレンジ色のプラスチック」と敢えて言わないところにもMacklemoreなりの皮肉が込められていると思われる。MVは廃墟で撮られていて、腐りきった世の中をイメージして作られたものかもしれない。Leon Bridgesのサビもとても印象的なので、この曲を聴くことを強くオススメする。

KEVIN の口コミ

スポンサーリンク

Macklemore & Ryan Lewis の人気曲!
Macklemore & Ryan Lewis とコラボしたアーティスト!

スポンサーリンク

大切な記念日に贈るおすすめのフォトブック
日頃の感謝の気持ちをフォトブックにして贈りましょう。