この記事は 29 人が閲覧しています。

Downtown Love

Youtubeの再生回数
解説

この曲はG-Eazyと付き合っていたある女性の歌である。これが実話が元にして作られたものなのかはわからないが、歌詞の内容は結構現実味のあるものになっている。ちなみにミュージックビデオでは曲がショートバージョンになっていて、曲の全体を聴くことができない。フルバージョンはアルバム「These Things Happen」で聴くことができ、フルバージョンではその女性の裏の素顔が、悲しい現実と絡ませながら、それでも曲調は穏やかに歌われている。とてもバックミュージックは落ち着く感じがあって素晴らしいけど、歌詞に注目してみると曲全体の真相を知ることができる、そんな曲となっている。

G-Eazy(ジー・イージー) はどんなアーティスト?

ジー・イージー(G-Eazy、本名: Gerald Earl Gillum、1989年5月24日 - )は、アメリカ合衆国オークランド出身のラッパーである。2014年、メジャー・デビュー・アルバム『These Things Happen』は、米ビルボード200で3位を記録した。続くアルバム『When It's Dark Out』(2015年)からの楽曲「Me, Myself & I」は米ビルボード・ホット100のトップ10入りを果たす。2017年の3作目のアルバム『The Beautiful & Damned』からは「No Limit」が全米4位とヒットした。2020年には4作目のアルバム『Everything's Strange Here』がリリースされた。== 来歴 ==2014年、メジャー・デビュー・アルバム『These Things Happen』をリリースし、米ビルボード200で3位を記録した。2015年、アルバム『When It's Dark Out』をリリース、楽曲「Me, Myself & I」は米ビルボード・ホット100で最高7位を記録する。また同年、きゃりーぱみゅぱみゅの楽曲「PONPONPON」をサンプリングをし、日本でも話題になる。2017年、3作目のアルバム『The Beautiful & Damned』をリリース、楽曲「No Limit」が全米4位とヒットした。また同年、歌手のケラーニとコラボした楽曲「Good Life」が、映画『ワイルドスピードICEBREAK』のサウンドトラックに起用され世界中で注目を集めた。

詳しくはこちらから
Downtown Love の口コミ

スポンサーリンク

G-Eazy(ジー・イージー) の人気曲!
G-Eazy(ジー・イージー) とコラボしたアーティスト!

スポンサーリンク