この記事は 108 人が閲覧しています。

SLOW DANCING IN THE DARK

Youtubeの再生回数
解説

あのFilthy Frankとは思えない程の変化を遂げたJojiのアルバム「BALLADS 1」からのリードシングル。Pink Guy名義でリリースしたアルバム「Pink Season」の下ネタ混じりの曲とは打って変わってバラード調のR&Bの曲となっている。「君は僕と一緒に居るべきじゃない」「君は彼と一緒にいるべきなんだよ」といった歌詞がダークなメロディーとともに心に響く、とても幻想的な曲なので是非聴いてほしい。ちなみにJojiは前々からバラードソングを作りたいと話していて、それが今回の作品に至ったのかもしれない。MVではJojiがタバコを吸っているシーンがあるのだが、実はJoji本人曰く「このMVで人生初めてのタバコを体験した」そうだ。役作りって必要なんだなぁ...。

Joji はどんなアーティスト?

ジョージ (Joji) またはジョージ・ミラー(George Miller、1992年9月18日 - )は、フィルシー・フランク(Filthy Frank)の芸名でも知られる日本のシンガー、ソングライター、ラッパー、元YouTuberおよびコメディアンである。 ミラーの経歴は、ミラーが演じる架空の人格フィルシー・フランクフルト(Filthy Frank、汚いフランクの意)がラップ、過激な主張や挑戦、ウクレレ動画、「The Filthy Frank Show」と題されたユーモアショーなどを行う、YouTubeチャンネル『DizastaMusic』で始まった。その後、『TVFilthyFrank』と『TooDamnFilthy』という2つのチャンネルでコメディ活動を継続し、ピンク・ガイ(Pink Guy)という名でヒップホップのコメディ音楽の制作も行った。ミラーの動画は『ハーレムシェイク』として知られるダンスブームを巻き起こし、これに使われたバウアーの曲「ハーレムシェイク」がBillboard Hot 100で1位を獲得するなど、インターネット文化に大きな影響を与えた。また、彼の動画「The Filthy Frank Show」には、h3h3Productions、iDubbbz、 JonTron、Michael Stevens、PewDiePieなど、多くのYouTubeパーソナリティがメジャーまたはカメオ出演した。 2017年、ミラーは自身のYouTubeチャンネルでの活動を終え、Joji(ジョージ)の芸名で音楽活動を開始した。同年11月にリリースしたEP『In Tongues』は、Billboard 200で58位を記録。2018年11月にはデビューアルバム『Ballads 1』をリリースし、Billboardの R&B and hip-hopチャートで1位を獲得した。当該チャートでの1位獲得は、アジア出身のアーティストとしては初である。ミラーの音楽は、 R&B 、ローファイ、トリップホップのミックスとして説明されている。

詳しくはこちらから
解説を書いた人
  1. なるべくマニアックな曲を紹介できるよう頑張っています。記事だけでなく、曲も楽しんでくださいね。
    やなぎぃ
SLOW DANCING IN THE DARK の口コミ

スポンサーリンク

Joji の人気曲!

スポンサーリンク