この記事は 21 人が閲覧しています。

Bonfire

Youtubeの再生回数
解説

「Freaks and Geeks」並にパンチラインが炸裂しているChildish Gambinoの一曲。それがところどころではなく、曲全体がネタで埋め尽くされているから、凄い。少々下ネタも混ざっているが、それは無視することにしよう。Childish Gambinoは元々俳優兼コメディアンであり、コメディの才能があるからこそネタありありの歌詞が書けるのだと思われる。MVの方はというと、かなり不思議な作品になっている。おそらくMV内でのChildish Gambinoは幽霊だと思うのだが...?でもこんな「パンチラインの宝庫」のような曲やアルバムが今後リリースされないと思うと悲しくなる。Childish Gambinoの持ち味でもあるからなぁ。批評家の意見は意外と厳しいことが分かった一件だった。

Childish Gambino はどんなアーティスト?

ドナルド・グローヴァー(Donald Glover、1983年9月25日 - )は、アメリカ合衆国の俳優、映画・ドラマプロデューサー、脚本家、コメディアン、歌手、ラッパー。チャイルディッシュ・ガンビーノ (Childish Gambino) として音楽活動も行っている。ニューヨーク大学在学中にデリック・コメディというグループでの製作が注目を浴び、23歳でティナ・フェイに雇われNBCのシットコム『30 ROCK/サーティー・ロック』の脚本を担当。のちにNBCのシットコム『コミ・カレ!!』ではトロイ・バーンズ役で出演も果たした。FXのテレビドラマ『アトランタ』では主演を務め、一部脚本や監督も担当した。『アトランタ』は多くの賞を獲得し、プライムタイム・エミー賞では主演男優賞コメディ部門、演出監督賞コメディ部門を受賞、ゴールデングローブ賞ではテレビドラマ作品賞(ミュージカル・コメディ部門)とテレビドラマ男優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞した。映画においては、『Mystery Team』(2009年)、『ラザロ・エフェクト』(2015年)、『マジック・マイクXXL』『オデッセイ』(ともに2015年)に出演。『スパイダーマン:ホームカミング』(2017年)ではアーロン・デイヴィス、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018年)では若きランド・カルリジアンを演じた。ディズニー映画『ライオン・キング 』(2019)のリメイクでは大人のシンバの声優を務めた。チャイルディッシュ・ガンビーノとしての音楽活動では、複数のアルバムやミックステープを自主製作した後、2011年にグラスノート・レコードと契約し、2011年にアルバム『Camp』、2013年にアルバム『Because the Internet』をリリース。

詳しくはこちらから
Bonfire の口コミ

スポンサーリンク

Childish Gambino の人気曲!

スポンサーリンク