この記事は 968 人が閲覧しています。

Sucker

Youtubeの再生回数
解説

2013年10月に解散した米ディズニーチャンネル出身のJonas Brothersの復活第一弾の新曲として「Sucker(サッカー)」がリリースされ話題となっています。Jonas Brothersは長男ケビン、次男のジョー、三男ニックのジョナス兄弟によるバンドでジョーはバンド「DNCE」ボーカルとして、三男ニックはソロ活動、長男ケヴィンは父親業にとそれぞれの道を進んでいたのですが、2019年の2019年2月に突然新曲を発表して大きな話題を生み、ビルボード・シングル・チャートで初登場1位を獲得します。MVにはそれぞれの奥さんがサプライズで出演しており、6年前とは違う新たなJonas Brothersを演出しています。2019年でサプライズとなる初登場1位の「Sucker(サッカー)」はどれほど伸びるのか楽しみです。

Jonas Brothers はどんなアーティスト?

ジョナス・ブラザーズ (Jonas Brothers) は、アメリカ合衆国ニュージャージー州出身のポップ・ロックバンド。== 来歴 ==長男のケビン、次男のジョー、三男のニックの3兄弟からなる。父親からはイタリア、ドイツの血を、母親からはアイルランド(母方の祖父)、チェロキー族の血をひいている。デビュー・アルバム「It's About Time」は脚光を浴びることは無かったが、セカンド・アルバム「Jonas Brothers」はビルボードで初登場5位に入るヒットとなった。デビューは2005年12月。ポップ・グループに関心があるとは思えないレーベル、コロムビア・レコードからのデビューだった。その理由は、当初は三男のニックだけの契約で、それも「クリスチャン・ミュージックを歌う11歳の少年」に魅力を感じたからである。ニックはソロ・シングル2枚をリリースしたが、アルバム制作のタイミングで兄弟3人が作った曲が認められ、グループとして活動することが決まった。Sound of Jonasを経て、Jonas Brothersとなってからは、よりロック色を強めたサウンドに変わっていった。2013年に入ると、メンバー同士の喧嘩が激しくなり、予定されていたツアーも中止。

詳しくはこちらから
解説を書いた人
  1. 毎週にビルボード洋楽ランキングを更新しています。みんなの洋楽ランキングは本家ビルボードからどこよりも早く情報を仕入れ、どのサイトよりも早く情報を発信しております。洋楽に詳しくなりたい人や詳しい人も是非、遊びに来て下さい!
    みんなの洋楽ランキング
Sucker の口コミ

スポンサーリンク

Jonas Brothers の人気曲!

スポンサーリンク