この記事は 14 人が閲覧しています。

We Are The World 25: For Haiti

最高位 : 2 位 滞在週 : 2 週
Youtubeの再生回数
解説

1985年、有名アーティスト達が「USA for Africa」として集結し、「We Are The World」を完成させた。この曲は社会活動家のHarry Belafonteの構想を基に、イギリスで活躍しているミュージシャンのBob Geldofが提唱したチャリティー・プロジェクトのBand Aidの成功に触発されて、アフリカの飢餓と貧困層を解消するために作られたものだという。そしてその25年後、2010年に起きたハイチ地震による被害者支援のためにその曲のリメイクバージョンが作られた。レコーディングは当初、この曲が25周年となる2010年1月28日に予定されていたが、より多くのアーティストの参加を募るため、同年1月31日に行われた第52回グラミー賞授賞式後にロサンゼルス市内にあるスタジオでレコーディングされた。この曲では哀悼の意を込めて「We Are The World」でLionel Richieとともに作詞をしたMichael Jacksonのパートはオリジナルの音源を使用している。このリメイクバージョンではラップのパートがあり、そこの部分の歌詞はThe Black Eyed Peasのメンバーのwill.i.amが担当している。80人以上のアーティストが参加したこの曲だが、この曲で得た収益金はすべてWe Are The World基金に寄付されたという。

We Are The World 25: For Haiti の口コミ

スポンサーリンク

Artists For Haiti の人気曲!

スポンサーリンク

大切な記念日に贈るおすすめのフォトブック
日頃の感謝の気持ちをフォトブックにして贈りましょう。