この記事は 74 人が閲覧しています。

Going Bad

最高位 : 6 位 滞在週 : 2 週
Youtubeの再生回数
解説

ミークミルがドレイクに対し、「ドレイクは自分でリリックを書いていない」とSNSで投稿したところ、ドレイクがアンサーソングである「Charged Up」と「Back to Back」で反撃。犬猿の仲であると噂されていたが、和解ソングを発表。ミークミルはリリックで「ドレイクが次のアルバムをリリースする際には、俺も参加するはずだ」と語っており、ホントに不仲だったのか?演出じゃないのか?と疑ってしまう。ドレイクは「たくさんの村上(隆)の作品が廊下にある」と自慢していて、ミークミルのことは全く触れていませんでした。これが格の違いか。。ちなみにミークミルは釈放されたばかりで違法薬物所持と違法銃器所持の疑いで逮捕されていました。さらに執行猶予中に乱闘騒ぎや危険運転で2〜4年の収監を言い渡されたにも関わらず、およそ5ヶ月で出所しています。

Meek Mill はどんなアーティスト?

ミーク・ミル (英: Meek Mill、本名: Robert Rihmeek Williams、1987年5月6日 - ) とは、アメリカ合衆国ペンシルバニア州フィラデルフィア出身のラッパー、ソングライター、活動家である。バトルラッパーとしてキャリアをスタートし、多数のミックステープを発表。2012年にアルバム『Dreams and Nightmares』でデビュー。2015年の2作目のアルバム『Dreams Worth More Than Money』はBillboard 200で1位を記録。2016年には3作目『Wins & Losses』をリリース。2018年の4作目『Championships』は全米1を記録、ドレイクをフィーチャーした楽曲「Going Bad」はBillboard Hot 100で最高6位とヒットした。== 来歴 ==1987年5月6日、ミーク・ミルことロバート・リーミーク・ウィリアムズはペンシルバニア州サウス・フィラデルフィアで生まれる。父親はミークが5歳の時に強盗未遂の最中に殺害された。父親の死後、母親と共にノース・フィラデルフィアに引っ越した。ミークの父親の兄弟は、グランマスター・ネル(Grandmaster Nell)というMC名で活躍した1980年代後半のフィラデルフィア・ヒップホップ・シーンのDJであった。

詳しくはこちらから
解説を書いた人
  1. みんなの洋楽ランキングのSNS担当です。洋楽が好きで海外の面白いゴシップネタを中心につぶやいています!たまに記事を書きますのでよろしくお願いします🤲
    やしお
Going Bad の口コミ

スポンサーリンク

Meek Mill の人気曲!
Meek Mill とコラボしたアーティスト!

スポンサーリンク