この記事は 118 人が閲覧しています。

I Write Sins Not Tragedies

Youtubeの再生回数
解説

僕だったら「Panic! At The Discoと言えば?」と言われたら真っ先にこの曲を思い浮かべるだろう。何故かって、この曲はBillboardのシングルチャートで7位を記録した彼らのデビュー作だから。この曲は、主人公は結婚式を挙げるのだけど、結婚相手が浮気していることが発覚する、だけどそれが分かったおかげで結婚しなくて済んだ、といった曲である。この曲の特徴は、同じ歌詞を二度も三度も繰り返すところだ。だがワザと所々歌い方を変えていて、リスナーを飽きさせないように作られているので正直言って「凄い」と思った。今の彼らを作り上げた曲でもあるので、是非聴いてほしいと思う。

Panic! At The Disco はどんなアーティスト?

パニック!アット・ザ・ ディスコ(Panic! at the Disco)は、アメリカ合衆国ネバダ州ラスベガス近郊のサマーリン出身のロックバンド。2018年8月28日にYouTubeにアップされた「High Hopes」は5億回以上再生され、日本では、Honda「ACCORD」のCMソングにも起用された。2ndアルバムをリリースするにあたり名前の「Panic! at the Disco」より「!」を外したが、現在は「!」を付けた方が正式名称。変わった名前の由来には諸説あるが、イギリスのバンドザ・スミスの曲である「Panic」の一節を引用したものという説が一般的である。== バイオグラフィー ==多くのバンドが辿るデモテープの自主製作からライヴを行うという道を、結成当時メンバー全員高校生だった為に金銭的な面から辿らずに、インターネットを通じてフォール・アウト・ボーイのベーシスト、ピート・ウェンツに自作曲を送るという賭けに出る。これは長い曲名、風刺に富む字余り気味な歌詞など、ライアンがフォール・アウト・ボーイに少なからず影響を受けていた為である。その後ピート本人がラスベガスまで赴き、彼が運営するレーベル「ディケイダンス・レコード」からの第一弾アーティストとして契約することになる。

詳しくはこちらから
解説を書いた人
  1. なるべくマニアックな曲を紹介できるよう頑張っています。記事だけでなく、曲も楽しんでくださいね。
    やなぎぃ
I Write Sins Not Tragedies の口コミ

スポンサーリンク

Panic! At The Disco の人気曲!
Panic! At The Disco とコラボしたアーティスト!

スポンサーリンク