この記事は 1364 人が閲覧しています。

High Hopes

Youtubeの再生回数
解説

約12年振りとなるトップ10にランキングしたPanic! At The Disco(パニック・アット・ザ・ディスコ)の「High Hopes」。タイトル通り「希望を高く」という意味で、歌詞にもある「金がなくとも、いつも理想を持っていた」、「生きるために希望を高くしなければならなかった」、「僕は絶対に成功するんだって」と売れない時代の辛さと強さが垣間見える曲となっています。12年もの間、トップ10にランクインすることがありませんでしたが、希望を持ち続ける彼らだからこそこの快挙を実現したのかもしれませんね。

Panic! At The Disco はどんなアーティスト?

パニック・アット・ザ・ディスコ(Panic! at the Disco)は、アメリカ合衆国のブレンドン・ユーリーのソロバンド。2018年8月28日にYouTubeにアップされた「High Hopes」は6億回以上再生され、日本では、Honda「ACCORD」のCMソングにも起用された。== 経歴 ==2004年にネバダ州ラスベガスでライアン・ロスとスペンサー・スミスによって結成。2005年9月27日に1stアルバム『A Fever You Can't Sweat Out』を発売。その中からのシングル「I Write Sins Not Tragedies」が世界中で爆発的なヒットをし、アルバムも200万枚のセールスとなった。『MTV Video Music Awards』ではベテラン勢(マドンナ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズなど)がノミネートする中、「I Write Sins Not Tragedies」のPVで“Video Of The Year”を受賞。2008年3月25日に2ndアルバム『Pretty. Odd.』を本国アメリカで発売。1stで前面に押し出していたエモを消し去る程の、ビートルズをイメージさせるような曲調へと変貌を遂げている。

詳しくはこちらから
解説を書いた人
  1. 毎週にビルボード洋楽ランキングを更新しています。みんなの洋楽ランキングは本家ビルボードからどこよりも早く情報を仕入れ、どのサイトよりも早く情報を発信しております。洋楽に詳しくなりたい人や詳しい人も是非、遊びに来て下さい!
    みんなの洋楽ランキング
High Hopes の口コミ

スポンサーリンク

Panic! At The Disco の人気曲!
Panic! At The Disco とコラボしたアーティスト!

スポンサーリンク