この記事は 23 人が閲覧しています。

Chained To The Rhythm

Youtubeの再生回数
解説

2017年2月10日に発売されたシングル。アルバム "Witness"からリリースされました。Billboardチャートでは初登場4位、年間73位。たくさんの国のチャートでTOP10にチャートインしました。タイトルの "Chained To The Rhythm"とは、「リズムで繋がっている」という意味で、別に問題は無さそうに感じますが、ここで言うRhythmとは自分を縛り付ける日常や固定概念のことを指し、そこから抜け出せない自分についてを歌った曲です。『とても快適、泡の中に居るみたい。問題なんて見えてこない。』という歌詞から、現代社会の闇に警鐘を鳴らしているようにも思えます。

Katy Perry(ケイティー・ペリー) はどんなアーティスト?

キャサリン・エリザベス・ハドソン(Katheryn Elizabeth Hudson、1984年10月25日 - )は、ケイティー・ペリー(Katy Perry)の芸名で知られるアメリカ合衆国の歌手、ソングライターである。== 生い立ち ==カリフォルニア州サンタバーバラでキャサリン・エリザベス・ハドソンとして生まれた。両親はペンテコステ派の牧師であり、2番目の子供として生まれ、姉と弟がいる。子供の頃はサンタバーバラのレクリエーションホールでダンスを学び、プロのダンサーに指導を受けスウィング、リンディーホップ、ジルバを学ぶ。15歳の時にロックバンドクイーンの名曲「キラー・クイーン」を聴き、音楽の道へ進むことを決意した。子供時代に教会で歌い、10代でゴスペル音楽のキャリアへ進んだ。レッドヒル・レコードと契約し、2001年に、本名ケイティ・ハドソン名義でデビュースタジオ・アルバム「ケイティ・ハドソン」を発売したが、商業的には成功しなかった。彼女は翌年、ロサンゼルスに移り、レッドヒルが事業を辞めた後、世俗音楽に挑戦した。その後、音楽プロデューサーのグレン・バラード、ドクター・ルーク、マックス・マーティンと仕事を始め、芸名をケイティ・ペリーとして、2007年4月にキャピトル・レコードとレコード契約を結んだ。2008年にシングル「キス・ア・ガール」(サッポー風なテーマで論争を巻き起こした曲)と「ホット & コールド」を含むポップ・ロック要素を持つ2枚目のアルバム「ワン・オブ・ザ・ボーイズ」を発売し知名度が上がる。

詳しくはこちらから
解説を書いた人
  1. 洋楽好きな人いませんか?ジャンルはほぼなんでもオーケー(*´∀`)ノ それもいいけど友達欲しいです💦 19ageです。同い年、ほかの方々もフォロー宜しく! 洋楽、B'z、東宝映画、猫が大好きですw
    魏怒羅なK@C
Chained To The Rhythm の口コミ

スポンサーリンク

Katy Perry(ケイティー・ペリー) の人気曲!
Katy Perry(ケイティー・ペリー) とコラボしたアーティスト!

スポンサーリンク