この記事は 102 人が閲覧しています。

Fall

Youtubeの再生回数
解説

この曲はEminemがリリースした問題作の一つとも言える。 この曲のMVは、前作「Revival」に対するソーシャル・メディアでの批評の嵐から始まり、批評のモンスターに取り憑かれるホラー仕立ての映像である。MVの終わりに、EminemがRevivalのCDを踏み潰して去っていくシーンは心に残る。 本題に戻ろう。この曲がなぜ問題作と言われるのか。それは、曲中でラッパーのTyler, The Creatorを同性愛者だとディスっているからである。Eminemが曲中で「Tylerは何も生み出していない。お前が何で自分のことをオカマと呼んでいるのか分かるぜ」と歌っていて、そこの部分で同性愛者差別用語である「Faggot」を使っていて、それが同性愛嫌悪だとしてSNSで批判を浴び、世間にクローズアップされてしまった。後ほどのSwayのインタビューでこのことに関してEminemは謝罪しているが、一方Tylerはというと「何とも思ってない」とコメントしているのだそう。 ちなみにこの曲にはBon Iverのボーカル、Justin Vernonが客演しているが、Justin Vernonは「Eminemが偉大だってことは認めるけど、今は若者をディスる時じゃない」とツイッターでコメントした。曲の意味を気にせずにJustin Vernonの歌声に酔いしれるのも、この曲を楽しむ一つの手段でもあるかもしれない。

Fall の口コミ

スポンサーリンク

Eminem(エミネム) の人気曲!
Eminem(エミネム) とコラボしたアーティスト!

スポンサーリンク