Moves Like Jagger

Maroon 5 ft. Christina Aguilera

「Moves Like Jagger」を聴く
Youtubeの再生回数
解説

「ムーブス・ライク・ジャガー feat. クリスティーナ・アギレラ」(Moves Like Jagger feat. Christina Aguilera)はアメリカのバンド、マルーン5の楽曲。


== 解説 ==
2011年4月に放送開始されたオランダ発のタレントオーディション番組『ザ・ヴォイス』アメリカ版で、アダム・レヴィーンとクリスティーナ・アギレラが番組審査員として共演。コラボレーション曲として番組内で初披露され、直後にリリースされた。
タイトルと歌詞にある「ジャガー」とはローリング・ストーンズのミック・ジャガーを指しており、ミュージック・ビデオにも昔の映像が使用されている。ミックは、当初の映像では登場シーンが多いと感じたため、カットしてもらったと話している。
2011年10月5日には4thアルバムの再発売盤『ハンズ・オール・オーヴァー+2』にリミックス・バージョンとともに収録された(5thアルバム『オーヴァーエクスポーズド』ボーナス・トラックにも収録された)。
2012年にインターネットのミュージック・コンシェルジュ・サービスを展開しているソングザ(Songza)社が行なったアンケートの結果、「ムーブス・ライク・ジャガー」がアメリカの労働者の生産力を最も高める曲だと発表した。


=== チャート ===
ヒットチャートはBillboard Hot 100初登場8位を記録し、バンドにとって2007年発表の「メイクス・ミー・ワンダー」以来のチャートTOP10入りとなった。

Maroon 5 の人気曲!
Maroon 5 とコラボしたアーティスト!
Wikipedia の項目を Creative Commons Attribution CC-BY-SA 4.0 に基づき二次利用しています。

スポンサーリンク