この記事は 134 人が閲覧しています。

Sweet Nothing

最高位 : 10 位 滞在週 : 1 週
Youtubeの再生回数
解説

Florence + The MachineのボーカルのFlorence WelchをフィーチャーしたCalvin Harrisの名曲。Calvinはアルバム「18 Months」を制作するとき、Florence Welchとコラボをしたがっていたらしく、Florenceに連絡を取ろうとしたが、生憎Florenceはツアーの真っ最中だった。Calvinは時間をかけてなんとかFlorenceとコンタクトを取って、忙しい中この曲を制作したんだそう。この曲はラブソングだが、かなりストレートな内容となっている。愛に満ちた力強いFlorenceのボーカルとCalvinの今では味わえない弾む感じのビートが綺麗にマッチしていて、聴いてて楽しくなるものに仕上がっている。ちなみにこの曲でコラボする以前にCalvin HarrisはFlorence + The Machineの曲「Spectrum」のリミックスを担当しているのだが、その曲はイギリスで大ヒットを記録している。

Calvin Harris はどんなアーティスト?

カルヴィン・ハリス(英 : Calvin Harris)は、スコットランド出身の音楽プロデューサー、DJ、シンガーソングライターである。MySpaceで自身の楽曲をアップロードし、注目を浴びた。カイリー・ミノーグやリアーナ、ニーヨ、ケシャといったミュージシャンの楽曲をプロデュースした経験を持つ。代表曲は、2011年に発表した「Feel So Close」で、全米シングルチャートにて最高12位まで上昇した。また、リアーナのシングル「ウィー・ファウンド・ラヴ」にフィーチャーされ、8週間連続、計10週間全米一位を誇るなど、世界的に有名なDJの一人でもある。== 人物 ==1984年1月17日に、スコットランドのダムフリースにて生まれる。「子供時代はサッカー選手のスティーブ・マクマナマンに憧れていたが、自分はサッカーをプレイしなかった。彼のようなカーリーヘアを持っていなかったから」と冗談で語っている。ミュージシャンとしての道を本格的に歩み始めたのは、まだ彼が10代の頃だった。その後、デモ制作などで着実に知名度を上げていき、2006年に、ソニーミュージック傘下のコロムビア・レコードとの契約を果たす。

詳しくはこちらから
解説を書いた人
  1. なるべくマニアックな曲を紹介できるよう頑張っています。記事だけでなく、曲も楽しんでくださいね。
    やなぎぃ
Sweet Nothing の口コミ

スポンサーリンク

Calvin Harris の人気曲!
Calvin Harris とコラボしたアーティスト!

スポンサーリンク